いつから始める出産準備まるわかり解説!妊娠月別準備スケジュール付

出産準備

妊娠中期(5~7ヵ月)は心も体も安定し体も動かしやすくなる時期。お腹も徐々に大きくなるのと共に妊婦さんである実感もとても大きくなってくるころですね。
妊娠後期(8~10ヵ月)に入ると日に日にお腹も重たくなり、体の自由が効かないことも多くなります。産休に入り赤ちゃんを迎えるための色々な準備も忙しくなる時期です。

では、出産準備はいつ頃から始めるのがベストなのでしょう。

初めての出産であれば、準備をするとしても一体いつから何に手を付けていいのか、よくわからないですよね。

出産準備の開始時期に決まりはありませんが、まずは母体に無理のない範囲で進めることが大前提。産休に入ってからゆっくりと…と考える方も多いと思いますが、実はそれではちょっと遅いこともあります。

出産予定日はあくまでも予定の日。特に妊娠後期は急なトラブルも起こりやすい時期ですので、ギリギリで慌ててしまうことのないよう、余裕を持って準備することが大切です。

そこで今回は、出産準備の進め方を妊娠月に合わせて解説していきます。
準備品以外の生活で進めるべきことや、産後のために知っておきたい情報なども紹介します。便利な妊娠月別の準備スケジュール帳もダウンロードできますので、是非参考にしてくださいね。

目次

1. 妊娠6~8ヵ月頃から徐々に始めたい出産準備

出産準備の開始時期として、ナイスベビーラボがおすすめしたい時期は妊娠6~8ヵ月頃。その理由としては、体調が安定し、現実的に動きやすい時期であることがあげられます。赤ちゃんの性別もわかるのでベビー用品選びのイメージもしやすいですね。

では、一般的にはいつ頃からスタートするのが多いのでしょうか?ナイスベビーラボで先輩ママにアンケート調査をしてみましたので、まずはその結果から見ていきましょう。

1-1. 出産準備はいつから?アンケート調査してみた!

アンケート結果グラフ

1-2. 動きやすい時期にできることをスタートしよう

アンケートでも一目瞭然。出産準備は妊娠7~8ヵ月でスタートした方が約半数を占めました。妊娠9ヵ月以降で準備を始める方が次に多い結果となり、産休に入ってから落ち着いて準備を進める方も多いようです。

妊娠7~8ヵ月は、妊婦生活にも慣れ体調も安定し、動きやすい時期。この頃が一番現実的に動ける時期ということなのでしょう。ナイスベビーラボが推奨する時期ともほぼ合致します。

9ヵ月以降になるとかなりお腹も大きくなり体の自由も効かなくなってきます。妊娠後期はママの体調にも変化が起こりやすいナーバスな時期。出産間近で買い物などで長時間外出するのはとてもリスキー、何が起こるかわかりません。

できればその前の動ける時期にやっておきたい準備がいくつかあります。出産準備は、少し早めの時期にやっておくべきこと、後期でもできることに分けて進めていくのがよいでしょう。具体的な準備の進め方についてこの後の章から順を追って解説していきますね。

2. 始める前に絶対に知ってほしい「出産準備の心得」

ベビー用品イラスト

可愛いベビー用品を見ていると、あれもこれもほしくなったり、あったら便利かな?と使うのかわからないものまで買ってしまったり、これ、やりがちです。結局使わなかった、とか、肝心なことを準備していなかった、などの無駄や不足がないようにしたいものです。
ここでは出産準備を始めるにあたり知ってほしいことをまずは伝えたいと思います。

2-1. アイテムごとに異なる準備時期を知ろう

ママイラスト赤ちゃんを迎えるためには色々な準備品が必要となりますが、思いつくままに準備を進めてしまうのは絶対にNG!早すぎて邪魔になったり、後からもっといい物が見つかったり、遅すぎてほしいものが手に入らなかったりすることも考えられます。

例えば、外出時に使う抱っこ紐やベビーカーなど、育児には必須アイテムではありますが、実際、生まれて1ヵ月は外出を控えるために出番はありません。産前にはリサーチのみ、揃えるのは産後でも十分間に合います。

出産準備は急がずにに、まずは、アイテムごとに準備すべき時期を知って、必要なものを徐々に揃えていきましょう。

2-2. 使わなかった…とならないために「必要最低限」が鉄則

ベビー用品イラストついつい買いすぎてしまいがちなベビー用品。可愛い赤ちゃんグッズはほしくなってしまうんですよね。わかります。ただ、揃えたわりには全然使わなかったという物も多くなってしまうので要注意。

産前に揃えるべきアイテムとしては、産後すぐに必要となるもの「必要最低限」を鉄則として準備していきましょう。

赤ちゃんによって使うものが異なってくることと、ママの状態によっても異なってきますので、産後の赤ちゃんとママの状態に合わせて揃えていくことをおすすめします。

出産準備リストアイキャッチ出産準備リストついて、詳しくはこちらの記事で!

> 出産準備品は最低限で!子育てミニマリストが提案する出産準備リスト

2-3. ギリギリ禁物!何が起こるかわからない妊娠後期

ママイラスト準備はギリギリでもいいかな、と、のんびり構えていたら、出産が早まって準備が間に合わなかった!なんてことも起こり得ます。

実はこの記事を書いている私はその一人。予定日より3週間も早い出産となり、とにかくバタバタしてしまいまいした。その経験を踏まえ、1ヵ月前にはほぼ準備が整っているのが理想的。ギリギリではなく余裕を持って準備を進めていきましょう。

3. 妊娠中期は手配や下準備を中心に進めよう

ベビーベッド準備

ここからは具体的な準備について解説していきます。
まずは妊娠中期から。この時期に進めたいことは、家の中を整えたり、リサーチをしたり、主に赤ちゃんを迎えるための下準備を中心に進めていきましょう。

3-1. 赤ちゃんを迎えるための生活環境を整えよう

赤ちゃんイラスト安定期に入り体調が落ち着いてきたら、まず最初に赤ちゃんを迎えるための生活環境を整えましょう。

家にある不要なものを処分し、赤ちゃんグッズを置くためのスペースを確保してください。これから先もずっと必要になるので、先を見据えてしっかりとしたスペースを準備してください。

赤ちゃんの寝る場所も決めて、ベビーベッドを置く場合は場所を決めましょう。ベビーカーを玄関に置くのであればそのスペースを、お風呂場にはベビーバスを置く場所も必要です。後期に入ると難しい作業ですので、ママの体が動きやすいうちに、夫婦で話し合いながら協力して進めてくださいね。

3-2. ベビー用品のリサーチをはじめよう

ママイラストアイテムを揃えるためのリサーチをはじめましょう。
ネットで情報をリサーチしつつ、実店舗に行って色々とアイテムを手に取って見るのがおすすめ。すぐに購入が必要でないものも、赤ちゃんが生まれると簡単に外出できなくなりますので、この時期に色々と見ておくといいと思います。

特に価格の張る大きめのベビー用品は市場調査を兼ねて実物をチェックしておくと、イメージもしやすいので、必要になったらオンラインでポチッ。悩まず購入できて効率的ですね!

3-3. レンタル品は早めに手配しよう

ベッドイラストベビーベッドやベビーバスなど、レンタルでの利用を考えている場合は、早めの手配をおすすめします。

レンタルの場合、予定日に合わせて配送日を指定できますが、出産が早まった場合でも予約してあれば臨機応変に対応してもらえます。また、先まで予約が埋まっていて、希望のアイテムがレンタルできなかった、という事もありますので、できるだけ早めに予約を入れておきましょう。

里帰り先へのお届けで、返却はご自宅など、柔軟に対応してもらえるのもレンタルの利点。一時的に必要なアイテムはレンタルを上手に活用しましょう。

4. 妊娠後期から1ヵ月前までに準備品を揃えよう

妊婦さんイメージ

次は妊娠後期の準備について。妊娠中期に生活環境を整えリサーチしたものを、実際に揃えていきましょう。アイテムが揃ってくると赤ちゃんのいる生活がリアルに体感できワクワクしてきますね。早めの出産や急な入院などが起こることも考慮して、できれば予定日1ヵ月前には、ほぼ準備が整っている状態になるのが理想的です。

4-1. 産後すぐに必要となるもの、退院時に必要なものを準備しよう

ベビーベッドやベビーバスなど、退院後すぐに必要なる大きめのベビーグッズの他に、ベビー服や細かな消耗品はこの時期に購入しておきましょう。ベビー服やガーゼ、布類は水通しをしてすぐに使えるようにしておくといいですね。前述にもあるように、消耗品や服などもまずは産後すぐに必要となる必要最低限のものを揃え、赤ちゃんとママの状態を見ながら必要なものを買い足していきましょう。

また、日常生活で使うもの以外では、退院時に使うものを決めて用意しましょう。退院時に赤ちゃんが着る服の準備、交通手段が車であればチャイルドシートは早めの設置を心がけ、確実に固定するようにしてください。

退院時に赤ちゃんが着るベビードレスについて、詳しくはこちらの記事で!

> お宮参りを特別な一日にするための季節に合わせたベビードレスの選び方

4-2. 入院準備品は早めにバッグに用意しておこう

入院準備ベビー用品の準備と同時に、入院準備品の用意も1ヵ月前には整えておきましょう。
入院準備品については、産院により用意してあるものが異なりますので、まずは、入院する産院に自分で用意するものを確認しましょう。

入院準備品はひとつにまとめてバッグに入れ、保険証や診察カードも一緒にしておきましょう。緊急事態に備えて、入院準備品の置き場所、内容など、パパにもしっかりと内容を共有しておくことが大切です!

5. これで安心!妊娠月別の準備スケジュール帳

妊娠月別の出産準備が一目でわかるスケジュール帳をつくりました。産後に準備についても触れていますので、是非参考にしてください。ダウンロードもできますので、チェックリストとしてもご活用ください。

『妊娠月別出産準備スケジュール』

6. 今すぐ始めたい!アイテム以外の出産準備

出産準備にはベビー用品や生活環境を整える以外にも準備しておくべきことがあります。赤ちゃんを授かった時からすぐに進めていきたいことや備えておくべきことなど、今からでもできるアイテム以外の出産準備について解説していきます。

6-1. 夫婦でしっかりと事前に話し合いをすることが大切

夫婦イメージ

赤ちゃんが生まれると、これまでの生活は一変して赤ちゃん中心の生活が始まります。夫婦の関係も赤ちゃんが生まれたことで良くなったり悪くなったり、今までと同じというわけにはいかないことも多いのが現実です。特に夫婦間の意識のズレは大きな問題にも発展しかねないため、まずは、妊娠期間中夫婦でしっかりと産後の生活について話し合いをして、共通意識を持つことが重要です。

妊娠期間の有効活用が、その後の育児満足に影響する可能性が高い

リクルート「ブライダル総研」の調査によると、「育児に向けた準備」「夫との出産前のすり合わせ」など、妊娠期間の活用が、女性の育児期満足度を高めるポイントである、という調査結果が発表されています。

育児期満足度が高い女性は、妊娠期間を利用し育児に向けた準備をしている割合が高い。特に子どもが1人目の場合は「事前準備」や「夫へ具体的な学びを促す」割合が高い。
また「家事・育児分担」「子どもの育て方」など、出産後のプランについて夫と考え方のすり合わせを実施する割合が高い。「出産後」はもちろん「妊娠から出産までの間」にもすり合わせを行うことが、育児期満足度に影響する可能性が高い。

・出産・育児に備えて、部屋の掃除・模様替えを行った
・家事・育児の協力体制を決めた
・出産・育児に関する情報収集を行った
・配偶者に家事について学び・練習を促した
・出産後に行きたい場所ややりたいことの計画を立てた
・育児に役に立ちそうな勉強をした

参考:ブライダル総研「出産・育児調査」「出産・育児調査2019

6-2. 家の片付けはできる時にできることを!

クローゼット

妊娠中期の出産準備のスタートに「赤ちゃんを迎える生活環境を整える」ことを述べましたが、家の片付けにおいてはすぐにでも始めたいことです。特にパパには活躍していただき、できる時にできることをやっていきましょう。

6-3. 産後の生活準備についてもリサーチしよう

産後リサーチイメージ

産前産後で受けられる様々なサービスがあります。産前にリサーチや手配をしておくことで、産後の生活の安心感も変わってきます。利用できるサービスはフルに活用しましょう。

行政サポート

行政の子育て支援は無料のサポートを受けられることも多いので、お住まいの自治体に問い合わせをしてみましょう。

例)
保健師等の専門職員による妊婦向け相談
妊婦歯科健診(妊娠中に1回受診)
初めてママパパになる準備のための教室
産後の助産師サポート
0歳児家庭 家事支援ヘルパー
ベビーシッター利用支援

宅配サービス

産後の生活に便利な宅配サービスは、産前に是非申し込んでおきたいサービス。妊娠期間中から子育て家庭に特典を設けている宅配会社も多く、お得に利用することができます。里帰りしない場合は特に、産後しばらくは宅配サービスに頼る日々になると思いますので、便利なサービスは利用しない手立てはありません!

陣痛タクシー

陣痛で一人で病院に向かわなければならない時を想定して、移動手段の確保をしておきましょう。
タクシー会社のサービスとして「陣痛タクシー」があります。近くに対応可能なタクシー会社があれば、登録をしておきましょう。

子育てタクシー」は全国の登録タクシー会社が検索できます。

産後ケア・産後ケアセンター

民間の運営する様々な産後ケアサービスがあります。
産後ケアセンターは、退院後にママと赤ちゃんが一緒に過ごせる宿泊型のケア施設のことです。専門のスタップが24時間体制で育児をサポート、産後の不安定な時期を安心して過ごすことができます。費用はかかりますが、その後の自宅での生活をスムーズにスタートさせるために利用する方も増えているようです。

宿泊型だけではなく、訪問型の産後ケアサービスや、心と体の回復を目的としたプログラムを受講できたりなど、ご自身に合うケアを選ぶことができます。最近ではオンラインでのサービスも増えていますので、是非活用しましょう。

7. 備えておけば慌てない!産前に知ってほしいこと

産前産後の生活には、誰もが必要になることではないけど、誰にも可能性のある起こり得る事態があります。そんな事態に備え、いざという時に慌てないためにも、事前に知っておいてほしいことについて触れていきます。

7-1. 突然今すぐに必要になる「搾乳器」いざという時にあわてないために

授乳イメージ

搾乳器は、ある時、突如として必要となるもの。それは絶対に必要な状況で降ってわいてきます。事実、ナイスベビーの搾乳器レンタルは、緊急度の高い問い合わせを多くいただきます。実際に搾乳器を利用したママの体験談を紹介しますので、参考にしてくださいね。

「赤ちゃんが低体重のため、私だけが先に退院となりました。退院当日の決定だったためバタバタしたのですが、急ぎレンタルを手配し2日後に受け取りました。翌日は間に合わなかったので病院に行ってから授乳と搾乳、搾乳器が届いてからは自宅でも搾乳ができたので助かりました。搾乳器レンタルのことは事前に調べていなかったので、退院後に慌てて調べてかなりあせりました>< 妊娠中には知らなかった情報なので、これから出産する方は知っておくべき情報だと思いました。」(30代 初産)


「赤ちゃんの母乳を飲む量がまだ少ない段階で、母乳過多になり乳腺症になりかけました。自分では搾乳しきれず痛みがひどくなってきて、慌てて搾乳器を購入しました。翌日配送で助かりましたが、届くまでは乳腺症になるのではないとドキドキでした。搾乳器がきてからは母乳量を搾乳で調整できたので、その後はトラブルなく母乳育児が続けられました。」(30代 第2子)

このような事態が誰にでも起こりうることを知っておくこと、そして、搾乳器のレンタルの存在を知っておけば、いざという時にも安心です。産前に搾乳器についての情報も知っておきましょう。ナイスベビーではレンタル、購入どちらも取り扱っていますので、是非ご確認ください。

7-2. あっという間にくる「お宮参り」の準備に備える

お宮参りイメージ

一般的にお宮参りは生後1ヵ月の頃に行います。1ヵ月間はあっという間!産後の生活に慣れてきた頃にはもうお宮参りの時期がやってきてしまいます。

「お宮参りはどうするの?」とまわりから言われ、産後のツライ時期にバタバタ大変な思いをしてしまうのはよく聞く話です。無理にこの時期に行う必要はありませんが、産後間もない時にお宮参りのあれこれを調べるのはとても大変。せっかくやるなら満足いく思い出に残る行事にしたいものです。スムーズに進めるためにも、産前に少しずつ情報収集をしてお宮参りに備えておくこともおすすめしたいです。

8. まとめ

出産準備を始める時期について、妊娠月に合わせた進め方を紹介しました。
ベビー用品の準備以外にも整えておくべき、出産準備があることもご理解いただけましたでしょうか?アイテムは赤ちゃんの成長に合わせて徐々に準備すれば大丈夫。産前には産後の生活に向けた、環境の整備が何よりも大切かと思います。満足度の高い子育てができるよう、産後の生活スタイルをイメージされてくださいね。
可愛い赤ちゃんに会えるまであとちょっと!

ベビーベッドはレンタルを
上手に活用しよう♪

レンタルのココがイイ ! !

ベビーベッド写真

ベビー用品のレンタルは
ナイスベビーにおまかせ!

取り扱いレンタル商品400種類、在庫数3万点以上!
ベビーベッドを中心にベビーカーやチャイルドシート、ハイローチェアなど最新モデルを含め、数多くの商品の中から自分にぴったり合うベビー用品をレンタルすることができます。

ナイスベビーならはじめてのレンタルでも安心

赤ちゃんが使うものだし、レンタル品は衛生面が心配。

高温スチームやオゾン発生機、電解水を用いた独自の
メンテナンス技術で衛生的で安心してご利用いただけます。

高温スチームやオゾン発生機、電解水を用いた独自の
メンテナンス技術で衛生的で安心してご利用いただけます

借りたものを壊しちゃったらどうしよう。

ナイスベビーの安心サポートで利用中に壊してしまっても弁償はありません。無料で交換いたします。

はじめての出産で何を用意すればいいのか分からない。

分からないこと、不安なことがあればいつでもお気軽にお電話ください。オペレーターが適切なアドバイスをします。

  • 月~土:AM9:00~PM6:00(土PM5:00)
    日・祝・第3土曜日 休み

ベビーベッドの組み立てがちゃんとできるか心配。

ナイスベビー便配送によるベビーベッドの組み立て、設置、詳しい使用説明をしますのでご安心ください。

※ナイスベビー便配送エリアが限定されています。また組み立てには駐車スペースの確保をお願いしております。

ナイスベビー便配送によるベビーベッドの組み立て、設置、詳しい使用説明をします

カタログ無料請求受付中!

・つるの剛士さんの子育てインタビュー

ベストファーザー賞にも輝いた先輩パパ!
つるのさんが語る「育児」とは?
ナイスベビー3つのオリジナルプランなどお
得な情報が盛りだくさん!