狭いお部屋にも最適!今人気のミニベビーベッドを専門店が徹底解説

ベビーベッドには標準サイズよりも小さいミニサイズがあります。
一般的な標準サイズのベビーベッドと比べると幅が30cmほど小さくなります。
コンパクトな分、狭いお部屋にも置きやすいですし、里帰り先やリビングでのセカンドベッドにも最適なサイズです。

ミニサイズベビーベッド

ミニサイズのベビーベッドと聞くと、一番気になるのが「いつ頃まで使えるの?」といった疑問ですよね。
通常のベビーベッドよりも小さいから、赤ちゃんが成長したらすぐに使えなくなってしまうんじゃないかと心配になってしまいます。
また、ミニサイズと言ってもたくさんの種類があるので、「どんなミニサイズベッドが我が家に最適なんだろう」といった疑問をお持ちではないですか?

ここでは、数十種のミニサイズベビーベッドを取り扱うナイスベビーだからこそお伝えできる情報をご紹介します。
ミニサイズベビーベッドの使える期間、また様々なミニサイズベッドの特徴やそれぞれのメリットを詳しく見ていきましょう!

読み終えて頂ければ、きっと自分に合った最適なミニサイズベビーベッドを準備することが出来るようになるはずです。

1. ミニサイズのベビーベッドを準備前に知っておきたいこと

ミニサイズのベビーベッドを準備する前に、その大きさや配置イメージ、使える期間など必ず知っておきたいことをまとめました。ミニサイズベビーベッドの特徴を掴んで失敗の無い選択をできるようにしましょう!

1-1. 基本的にミニサイズベッドは内寸90×60cm

生まれたばかりの赤ちゃんはとても小さいので、ベビーベッドも小さいものを想像するかもしれませんが、実際に標準サイズのベビーベッドをお部屋へ設置してみると予想以上の大きさに驚かされます。

とくに寝室が狭く設置できるレイアウトも限らているような場合ですとお部屋の通り道が無くなってしまうなんてことも考えられます。そんなときは通常のベビーベッドよりもコンパクトなミニサイズのベビーベッドを選びましょう。

一般的にミニサイズのベビーベッドはベッドの中のスペース(内寸)が90×60cmです。標準サイズのベビーベッドが120×70cmですので並べてみると大きさがかなり違うことが分かります。コンパクトな分、お部屋に置いたときの圧迫感も少なく、スペースを有効に使うことができます。

例えば6畳の一般的な寝室に夫婦のダブルベッドが置いてある状態でベビーベッドを設置すると以下のようレイアウトになります。
寝室に配置した図を見るとミニサイズに比べ標準サイズはお部屋を占める割合がとても大きく、圧迫感を感じてしまいます。

例の配置ではクローゼットから荷物を取り出す際もミニサイズであればスペースに余裕がありますし、キャスター付きのベビーベッドであれば別な空きスペースへ一旦ベッドを移動しておくこともできます。

ミニサイズベッドを寝室に置いた状態標準サイズのベッドを寝室に置いた状態

1-2. 一般的なミニサイズベッドの使用期間は生後半年頃まで

ミニサイズのベビーベッドを選ぶ上で注意してほしいことは、快適に使える期間の目安としておよそ半年頃までになることです。

メーカーが提示する使用期間は1歳頃までとなっていますが、1歳の赤ちゃんの平均身長は約74cmほどになるのでその頃になると明らかに窮屈になってしまいます。

コンパクトな分、使用期間は短めになっています。標準サイズのベビーベッドは120cmで1歳半~2歳頃までが使用の目安となっているのでミニサイズと比べ長く使うことができます。
また、オムツ替えやお着替えなどをベッドの上でする場合は、標準サイズの方がスペースを広く使えて赤ちゃんのお世話がしやすいです。

短期間しか使えないことがミニサイズベッドのデメリットになりますが、使う期間だけ最低限の費用でレンタルするという選択もあります。
3章ではミニサイズベッドのレンタルについてまとめていますのでぜひご覧ください。

1歳の赤ちゃんの平均身長 約74cm
厚生労働省/平成22年乳幼児身体発育調査報告書より

1-3. 通常のミニサイズよりさらに小さい様々なミニベッドがある

通常のミニサイズベッドよりもさらに小さい特殊なミニサイズベッドもあります。(使用期間は通常のミニサイズと異なるので注意が必要です。)

スモールサイズベッドは80×50cmで、ほとんどの住宅の室内ドアに対応したベッドです。お部屋からお部屋への移動が楽にこなせるサイズになっています。
標準サイズの半分サイズのハーフサイズベビーベッドや、大人用ベッドの隣に設置する添い寝型のベッド、リビングでの使用を目的としたセカンドベッドなどミニサイズベッドには多くの種類があり、ライフスタイルやお部屋のスペースに合わせて選ぶ必要があります。

通常のミニサイズベッドを含め、それぞれの詳しい特徴は次の章でご紹介します。きっとあなたに最適なベッドが見つかるはずです!

2. ライフスタイルに合った最適なミニベビーベッドを選ぼう

この章ではベッドの特徴を含めライフスタイルに合わせた最適なミニサイズベビーベッドをご紹介します。
自分にぴったり合った最適なベビーベッドを選びましょう!

2-1. 一番人気!赤ちゃんのお世話がしやすく腰にも優しいハイタイプベッド

ベビーベッドの扉が2方向に開閉するタイプのミニサイズベッドは、オムツ替えやお風呂上がりのお着替えなど赤ちゃんのお世話をベッドでするときに便利です。

一般的なベッドは広い面が片側だけ開閉する仕様ですが、ツーオープンベッドは赤ちゃんの足元側も扉を開けることが出来るので、楽な姿勢でお世話をすることができます。

赤ちゃんのお世話は毎日のことなので出来る限りママの体に負担をかけないことが大切です。
基本的にベッドの上で赤ちゃんのお世話をする場合におすすめです。

ハイタイプベビーベッド
ヤマサキ製 ハイタイプツーオープン

ハイタイプベビーベッド

また、産後の気になる体の不調として最も多い悩みが腰痛です。
妊娠と出産により腰に負担がかかっていたことも要因のひとつですが、やはり赤ちゃんを抱っこする動作が腰に大きな負荷をかけてしまいます。

オムツ替えやお風呂上がりのお着替えの際に少しでも腰の負担を軽減させることができるのが、赤ちゃんの寝る位置が高いハイタイプのベビーベッドです。
ハイタイプのベビーベッドは最大で高さ70cmほどの位置に床板が設定できるので、毎日のお世話の時に腰を大きくかがめない楽な姿勢でできますし、抱き上げる時も楽な姿勢を保てます。
腰痛持ちのママにオススメなベッドです。

産後の気になる体の不調は?
腰に優しいハイタイプベビーベッド
腰への負担が少ないハイタイプベッド

2-2. 昼間はリビング、夜は寝室へ、お部屋間をラクに移動できるベッド

部屋間を楽に移動できるベビーベッド
ヤマサキ製 スモールツーオープン

マンションやアパートにお住まいの場合に、昼間はリビングでベビーベッドを使って、夜は寝室でベビーベッドを使うことが出来たらとても便利ですよね。

通常のミニサイズよりもさらに小さい「スモールサイズベッド」であれば、お部屋からお部屋の移動が楽にできます。
一般的なドアの開口寸法は70~80cmほどで、「スモールサイズベッド」の外寸がおよそ60cmほどになります。
ただし、建物によってはさらに狭いドアもありますし、廊下へ出る際に方向転換が出来ないケースなども考えられます。
移動を想定する場合は必ずサイズのチェックをしましょう。

寝室の掃除をする際も、「スモールサイズベッド」であれば、一旦空きスペースに移動することが容易なので掃除機をかけやすいです。
赤ちゃんにとってホコリは悪影響なので、毎日の掃除が必要になりますから、掃除のしやすさは重要なポイントになるかと思います。

2-3. 帰省先に最適なコンパクトに折りたためるベッド

使わない時に、棚を取り外してコンパクトに折りたためるベビーベッドは帰省先で使用する場合などにおすすめです。

実家に来た時はパッと組み立ててすぐに使えますし、自宅へ帰るときは折りたたんで押入れやタンスの隙間などにしまっておくことが出来ます。

折りたたみミニベッド
棚を外して折りたたむと厚みが12.5cmになります。

2-4. リビングにも置きたい!オシャレでかわいいセカンドベッド

赤ちゃんとリビングで過ごす時にあると便利なセカンドベッド。

昼間はリビングにベビーふとんを敷いて寝かせる方も多いかと思いますが、やはり事故防止やホコリ対策としてベビーベッドに寝かせることがおすすめです。
リビングにはオシャレでかわいいセカンドベッドがぴったりです。
お客さんが来たときもリビングにフィットしたオシャレなセカンドベッドに寝ている赤ちゃんを見せてあげることができます。

クレイドルぐぅーね
アミリ製 クレイドルぐぅーね
ポワロンハーフ
アミリ製 ポワロンハーフ

セカンドベッドスペック

2-5. 赤ちゃんと一緒に寝れる、添い寝型ベッドサイドベッド

ミニサイズベッドには添い寝ができるタイプもあります。

赤ちゃんはママのぬくもりやにおいが大好きです。添い寝をすることで安心して良質な睡眠を得ることができると言われています。
添い寝型ベッドであれば一緒に寝ることができるので、授乳やオムツ替えも隣ですぐに出来て便利です。

付属のセーフティベルトを大人用ベッドとマットレスの間に挟んでしっかりと固定するので安全面でも心配はありません。
また、大人用ベッドの高さに合わせて細かく高さ調整をすることができるので、フラットな状態にできます。
赤ちゃんと添い寝をしたいママにぴったりなミニサイズベッドです。コンパクトに収納も出来るので、帰省時の使用にもオススメです。

ベッドサイドベッドSoine
カトージ製 ベッドサイドベッドSoine
ベッドサイドベッドCoZee
TUTTI製 ベッドサイドベッドCoZee(コジー)

添い寝型ベビーベッド スペック

3. ミニベビーベッドはレンタルがおすすめ

ミニサイズのベビーベッドは買うよりもレンタルがおすすめな理由があります。
この章ではレンタルをおすすめする理由とイチオシの人気レンタルミニベビーベッドをご紹介します!

3-1. ミニベビーベッドはレンタルがおすすめな理由

ミニサイズのベビーベッドは大きさの問題で半年頃までしか快適に使うことができませんので、新品を購入するとなるとコストパフォーマンスが良いとは言えません。

レンタルであれば必要な期間だけ借りることができるので最低限の費用で抑えることができます。
また、使い終わったら返却することができるのもレンタルの大きなメリットです。

せっかくベビーベッドを買っても使わなくなってしまえば収納場所に困ってしまいます。すぐに返却することができれば処分に困りませんし、収納場所を確保する必要もありません。
赤ちゃんが小さいうちはミニサイズのベビーベッドをレンタルして、狭くなったら標準サイズのベビーベッドへ借り換えるなんてこともできます。
これらの理由からミニベビーベッドはレンタルがおすすめと言えます。

レンタルのメリット

短期間の利用で費用を抑えることができる。
種類によって様々だが料金は6ヶ月間で5,000円~10,000円ほど。

使い終わったら返却できるから後の収納場所に困らない。

お試しで使ってみることができる。
(赤ちゃんに合わなければすぐ返却できて無駄がない。)

赤ちゃんの成長に合わせて、ミニサイズから標準サイズへ借り換えることができる。

3-2. ベビーベッドレンタル専門店が選ぶオススメミニベッド10選

ミニサイズの中でも特に人気の高いレンタルベビーベッドをご紹介します!
ツーオープンや添い寝タイプなど多機能なベッドからリビングに合うオシャレなベッドまで幅広いバリエーションから選ぶことが出来ます。

[ 1 ]おすすめNo.1ミニベッド「ハイタイプベッド ツーオープン」

 

ハイタイプベビーベッド メーカー:ヤマサキ
使用期間:誕生~12ヶ月頃まで
(快適に使用できる目安としては生後半年頃まで)
サイズ:95×68×116cm
内寸:90×60cm
床板2段階調節:床から45・70cm

 

 

通常購入価格39,000円
6ヶ月レンタル料金10,700円
(1日あたり59円)

ミニベビーベッドの中で最もオススメなのが「ハイタイプベッド ツーオープン」です。
新生児の赤ちゃんは毎日10回以上もオムツ替えをすることになります。加えて毎日のお着替えなど赤ちゃんのお世話は腰に大きな負担がかかってしまいます。
赤ちゃんを高い位置に寝かせるハイタイプベッドであれば腰を無理に曲げる必要がないので、ラクな姿勢で毎日のお世話をすることができるのです。
また、赤ちゃんの足元側の扉も開閉ができるので、さらに負担の少ない姿勢を保つことができます。

 

ハイタイプが一番おすすめ

 

横の扉は上下にスライドする開閉方法、縦の扉は前にパタンと倒す開閉方法になっています。
ベッドの下には荷物の置ける収納スペースもあるので、お世話グッズをひとまとめに整頓しておくことが出来ます。

2方向に扉が開く仕様

 

[ 2 ]高級感のあるホワイトアッシュカラー「クイックミニベッド」

 

クイックミニベッド メーカー:アミリ
使用期間:誕生~12ヶ月頃まで
(快適に使用できる目安としては生後半年頃まで)
サイズ:96×68×108cm
内寸:90×60cm
床板2段階調節:床から41・67cm

 

 

通常購入価格45,000円
6ヶ月レンタル料金10,200円
(1日あたり57円)

木目の見えるホワイトカラーでお部屋の圧迫感も少なく、オシャレなミニベビーベッドです。
前と横の枠が一体式になっているので、組み立てが簡単なことも特徴です。

 

北欧家具のような高級感あるベビーベッド

 

[ 3 ]お部屋からお部屋へらくらく移動できる「スモールツーオープン」

 

スモールツーオープン メーカー:ヤマサキ
使用期間:誕生~8ヶ月頃まで
(快適に使用できる目安としては生後半年頃まで)
サイズ:86×58×115cm
内寸:80×50cm
床板2段階調節:床から46・73cm

 

 

通常購入価格42,000円
6ヶ月レンタル料金10,200円
(1日あたり57円)

昼間はリビングで、夜は寝室で使える、お部屋間の移動がラクにできるミニベビーベッド。
ツーオープンなので赤ちゃんのお世話も無理のない姿勢できて、腰に負担の少ないハイタイプです。
お部屋からお部屋への移動を頻繁にする場合にオススメです。

 

部屋から部屋へらくらく移動できるスモールツーオープン

 

[ 4 ]コンパクトに折りたたみできる「折りたたみミニベッド」

 

折りたたみミニベッド メーカー:ヤマサキ
使用期間:誕生~12ヶ月頃まで
(快適に使用できる目安としては生後半年頃まで)
サイズ:95×68×116cm
内寸:90×60cm
床板2段階調節:床から50・75cm

 

 

通常購入価格40,000円
6ヶ月レンタル料金10,200円
(1日あたり57円)

たたんでコンパクトなベビーベッド棚を外して折りたたむと厚みがわずか12.5cmになります。
コンパクトに折りたためるので、帰省先で使用する場合などにおすすめなミニベビーベッドです。


使う時にパッと組み立ててすぐに使えて、使わないときはコンパクトに折りたたんで押入れやタンスの隙間にしまうことが出来ます。
前後枠と横枠が一体式なので組み立ても簡単で、ベッド下に収納スペースも付いています。ハイタイプで腰への負担も軽減されます。

 

[ 5 ]ツーオープンで添い寝もできる「ビーサイドミニ」

 

ビーサイドミニ メーカー:ヤマサキ
使用期間:誕生~12ヶ月頃まで
(快適に使用できる目安としては生後半年頃まで)
サイズ:95×72×89cm
内寸:90×60cm
床板2段階調節:床から15・35・40・45cm

 

 

通常購入価格40,000円
6ヶ月レンタル料金10,700円
(1日あたり59円)

大人のベッドの隣に設置して添い寝ができるミニベビーベッドです。
他段階で床板の高さを調節できるので、大人のベッドと同じ高さで一緒に寝ることができます。
添い寝なら夜中の授乳も寝た状態でできますし、赤ちゃんの様子がすぐに分かって安心です。
また、足元側も開閉できるツーオープンタイプなのでお世話もしやすい多機能なベビーベッドです。

 

ツーオープンで添い寝もできるベビーベッド

 

[ 6 ]標準ベッドの半分サイズ、持ち運びOK「ハーフ&ハーフ」

 

ハーフ&ハーフ メーカー:ヤマサキ
使用期間:誕生~3ヶ月頃まで
サイズ:75×68×86cm
内寸:60×70cm
床板1段階:床から53cm

 

 

通常購入価格20,000円
3ヶ月レンタル料金4,800円
(1日あたり53円)

超コンパクトで移動もラクラク重量9kgととても軽いキャスター付きベッドなので、里帰りのときの持ち運びもカンタンで場所も取りません。

リビングでの使用にもぴったりなハーフサイズのミニベッドです。軽量で移動もラクにできるので様々な場所でベッドを使うことができます。


また、市販の標準サイズ(内径120×70cm)敷ふとんを2つ折りにして使うことができます。標準サイズの布団をお持ちの場合はハーフベッド本体のみレンタルすれば他にマットなどを用意することなくすぐに使えます。

生後3ヶ月頃まではハーフベッドをレンタルし、その後はふとんへ切り替えるような使い方もできます。

(敷ふとんは2つ折りのタイプが対応します。3つ折りのタイプは対応しません。)

標準サイズの半分

[ 7 ]リビングに置けるオシャレなセカンドベッド「クレイドルぐぅーね(敷ふとん付)」

 

クレイドルぐぅーね メーカー:アミリ
使用期間:誕生~3ヶ月頃まで
サイズ:79×46.7×77cm
内寸:75×42cm
床板1段階:床から47cm

 

 

通常購入価格47,000円
3ヶ月レンタル料金7,500円
(1日あたり83円)

寝室では標準サイズのベビーベッドを使って、リビングにはオシャレで超コンパクトなセカンドベッドの「クレイドルぐぅーね」がオススメです。
丸みのあるかわいいデザインがリビングにもぴったり合います。

また、里帰り時など短期的な使用にも向いています。専用の敷ふとん付ですぐに使えます。

 

丸みのあるかわいいデザイン

 

[ 8 ]かわいいデザインのセカンドベッド「ポワロンハーフ」

 

ポワロンハーフ メーカー:アミリ
使用期間:誕生~3ヶ月頃まで
サイズ:75×62×80cm
内寸:60×70cm
床板1段階:55cm

 

 

通常購入価格41,400円
3ヶ月レンタル料金7,500円
(1日あたり83円)

リビングで過ごす時に便利なセカンドベッド。
思わぬ事故やホコリ対策としてリビングでもベビーベッドに寝かせたほうが赤ちゃんにとって良い環境と言えます。
木製の優しさを感じるユニークなデザインのベッドです。

「ハーフ&ハーフ」同様に市販の標準サイズ(内径120×70cm)敷ふとんを2つ折りにして使うことができます。

 

優しくてユニークなデザインのポワロンハーフベビーベッド

 

[ 9 ]大人用ベッドにしっかり固定できる添い寝ベッド「ベッドサイドベッドSoine」

 

ベッドサイドベッドSoine メーカー:カトージ
使用期間:誕生~6ヶ月頃(9kg)まで
サイズ:
(使用時)幅97×奥行き69×高さ66.5~78cm
(収納時)幅93×奥行き15×高さ62cm
内寸:83×52cm
コットの高さ:36・38・40・42・45・47cm

 

 

通常購入価格18,000円
6ヶ月レンタル料金10,000円
(1日あたり56円)

大人のベッドにしっかり固定できるセーフティベルト付きで安全性が高い添い寝ベッドです。
ベッドの高さは6段階に調節できるのでフラットな状態で添い寝できます。
また、コンパクトにたたんで収納バッグに入れることができて帰省や旅行先でも使えます。
ドーム型の「かや」が付属しているので蚊やほこり、エアコンの風から赤ちゃんを守ることができます。

 

大人用ベッドにしっかり固定できる添い寝ベッド

 

[ 10 ]ママのベッドと並んで寝られるから安心「ベッドサイドクリブCoZee」

 

ベッドサイドクリブCoZee メーカー:TUTTI(トゥティ)
使用期間:誕生~6ヶ月頃(9kg)まで
サイズ:
(使用時)幅92×奥行56×高さ69~84cm
(収納時)幅92×奥行56×高さ12cm
内寸:80.5×51cm
コットの高さ:47・49.5・52・55・58・61cm

 

 

通常購入価格35,000円
6ヶ月レンタル料金12,000円
(1日あたり67円)

「ベッドでも赤ちゃんのそばで眠りたい」そんなママの要望を叶えるベッドサイドベッド。

ママにはママのスペース、赤ちゃんには赤ちゃんのスペースをきちんと確保できるから、ママの安眠にもつながります。赤ちゃんが大人のベッドとの間に挟み込まれないようにセーフティベルトでしっかりつないで固定する安心設計です。添い寝ベッドに必要な多段階の高さ調節機能付き。持ち運びのできる収納バッグも付属しています。ベッド下には収納スペースが備わっていてお世話グッズを置くことができます。

 

ママのベッドと並んで寝られるから安心なベビーベッド

 

4. まとめ

ミニサイズのベビーベッドは限られたお部屋のスペースを有効に使うことができる画期的なベッドです。

さらに、この記事で紹介したようにミニベビーベッドにはサイズや機能面での特徴を持った様々な種類が存在します。
その中でも最も人気がありオススメするのは「ハイタイプツーオープン」と「添い寝ツーオープン」のベッドです。
「ハイタイプツーオープン」は腰を深くかがめずに乗せ降ろしやお世話ができます。毎日の赤ちゃんのお世話を少しでも楽な姿勢で負担を減らすことは、これからの子育てにおいてとても重要なことです。「添い寝ツーオープン」は赤ちゃんと添い寝ができるベッドで夜中の授乳やオムツ替えの際の負担を減らしてくれます。

また、サイズ上の問題でミニベビーベッドは短期間しか使うことができない為、購入ではなくレンタルがおすすめです。
必要な期間だけお得に借りて、使い終わったら返却できるレンタルが最善の選択であると考えます。
サイズや機能面での特徴を十分に比較してお部屋のスペースやライフスタイルにぴったり合った最適なミニベビーベッドを選択しましょう!

ベビー用品のレンタルは
ナイスベビーにおまかせ!

取り扱いレンタル商品400種類、在庫数3万点以上!
ベビーベッドを中心にベビーカーやチャイルドシート、ハイローチェアなど最新モデルを含め、数多くの商品の中から自分にぴったり合うベビー用品をレンタルすることができます。

ナイスベビーならはじめてのレンタルでも安心

赤ちゃんが使うものだし、レンタル品は衛生面が心配。

高温スチームやオゾン発生機、電解水を用いた独自の
メンテナンス技術で衛生的で安心してご利用いただけます。

高温スチームやオゾン発生機、電解水を用いた独自の
メンテナンス技術で衛生的で安心してご利用いただけます

借りたものを壊しちゃったらどうしよう。

ナイスベビーの安心サポートで利用中に壊してしまっても弁償はありません。無料で交換いたします。

はじめての出産で何を用意すればいいのか分からない。

分からないこと、不安なことがあればいつでもお気軽にお電話ください。オペレーターが適切なアドバイスをします。

  • 月~土:AM9:00~PM6:00(土PM5:00)
    日・祝・第3土曜日 休み

ベビーベッドの組み立てがちゃんとできるか心配。

ナイスベビー便配送によるベビーベッドの組み立て、設置、詳しい使用説明をしますのでご安心ください。

※ナイスベビー便配送エリアが限定されています。また組み立てには駐車スペースの確保をお願いしております。

ナイスベビー便配送によるベビーベッドの組み立て、設置、詳しい使用説明をします

カタログ無料請求受付中!

・つるの剛士さんの子育てインタビュー

ベストファーザー賞にも輝いた先輩パパ!
つるのさんが語る「育児」とは?
ナイスベビー3つのオリジナルプランなどお
得な情報が盛りだくさん!