ベビーチェア徹底解説!ハイチェアは機能と使いやすさと安全性で選ぼう!

ハイチェアアイキャッチ

そろそろ離乳食を始める準備で、赤ちゃんのハイチェアをお探しですか?

赤ちゃんが自分で食事をとれるように慣らしていく離乳食期。ベビーチェアに座らせることで、座って食事をするという習慣が身に付きます。椅子にしっかり座ることで安定した姿勢を保てる、足の位置が固定されることで噛む力が発達する、といったメリットもあります。
また、赤ちゃんも家族と一緒にテーブルを囲んで食事ができるようになれば、家庭の食卓もより楽しい時間に!ベビーチェアの最大の魅力かもしれませんね。

ダイニングテーブルを使っているご家庭なら、大人と同じ高さで食事のできる「ハイチェア」が便利。ハイチェアは、種類やカラー、デザインも豊富で価格帯も様々あります。それぞれに特徴や機能があって、どんなものを選べばいいのか悩んでしまいますね。

ここでは、ママやパパにとって使いやすいハイチェアとその選び方の解説と、安全性、安定性、取り扱いのしやすさを基準におすすめのハイチェアを厳選して紹介します。ベビーチェア選びの参考にしていただければ嬉しいです。

1. 食事用「ハイチェア」を選ぶ際、押さえておきたい3つのポイント

高さのあるダイニングテーブルに合わせた「ハイチェア」をお探しなら、押さえておきたいポイントが3つあります。食事用で選ぶ際、最低限このポイントをクリアしたハイチェアを選んでください。

ハイチェアイメージ

1-1. 使用期間が長く使えるもの

赤ちゃんイラスト 食事用としてのハイチェアは使用期間が長いため、できれば5~10歳くらいまで使用できるものを選びましょう。

3歳くらいまでのものだとキッズチェアに買い替える必要が出てしまいます。成長に応じて座板と足置きの高さを調整できるものなら、姿勢よく座ることができます。月齢があっていなければ、思わぬ怪我を負ってしまうこともあります。購入前に必ずチェックしましょう。

1-2. 安全に座っていられる安定感があるもの

ハイチェアイラスト ハイチェアは、床から50cm前後の位置に赤ちゃんが座ります。自分の力で抜け出しにくいガード付きのタイプやセーフティベルト、倒れにくい構造のものなどの安全面もチェックしてください。もちろん、赤ちゃんをハイチェアに乗せたまま一人にすることのないよう注意が必要です。

1-3. 汚れを落としやすくメンテナンスしやすいもの

ハイチェアイラスト赤ちゃんの離乳食期から段々と幼児食へ移行する間は、遊び食べや手づかみ食べなどの食べこぼしで良く汚れます。汚れを落としやすく傷がつきにくいプラスチックのテーブルや、取り外せて洗えるトレーがついているタイプならお世話のストレスも軽減されます。

こんな食事マットが欲しかった!

離乳食期のママの悩みは、食べこぼしのお掃除!いつもテーブルがベトベトに…。
そんなママにおすすめしたいのが、マットとお皿が一体化したストッケの「イージーピージーマット」。シリコン製でトレイやテーブルにぴったりくっつくから、お皿やコップがひっくり返らず安心。食べこぼしもしっかりキャッチ!こんな楽しいお食事タイムが過ごせる便利なグッズもあります。

ストッケイージーピージーマット

イージーピージーマットについて詳しくみる↓↓
遊び食べのママのストレスをゼロに!離乳食から使える革命的ベビー食器

2. ハイチェアの装備をチェックしよう!

購入するハイチェア本体に、あらかじめ備わっているものとオプションでチョイスするものがあります。求めるクオリティで価値ある買い物ができるようベビーチェアの便利な装備をご紹介します。ご家庭のイメージする使用シチュエーションによって、必要かどうか確認していきましょう。

2-1. コンパクトに収納できる折りたたみタイプ

折りたためるベビーチェアは、使わない時にしまっておくことができるので、スペースを有効的に使えます。又、掃除の時や来客の時にもすぐに部屋の隅によけられるのはメリットと言えるでしょう。

折りたたみハイチェア

2-2. 食事スペース確保できるテーブル付きタイプ

テーブルがあらかじめついているベビーチェアとオプションで付けられるタイプがあります。赤ちゃん専用のテーブルがあると、手の届く範囲に食事を配置できるので、赤ちゃんも食べることに集中できそうですね。又、食べこぼしが気になると思いますので、オプションでテーブルマットを購入したり、汚れを落としやすいプラスチックタイプものを選ぶという方法もあります。

テーブル付きハイチェア

2-3. 赤ちゃんの成長に合わせてサイズ調整できるタイプ

赤ちゃん用のベビーチェアですが、座板と足置きの高さ調整ができるものであれば、成長に合わせていつも正しい位置で座ることができます。耐荷重によっては、大人が座れるようにデザインされたものもあります。ダイニングで使用したり、学習机の椅子として使うことができるので、お子様にとっても愛着のある家具になります。

長く使えるハイチェア

2-4. 脚元スッキリ掃除がラクな四つ脚タイプ

ベビーチェアの脚が、四つ脚タイプなら掃除が楽です。ロボット掃除機も自由に動けるのもポイントですね。床と接する面が少ないのでお手入れも楽ですよ。

四つ脚ハイチェア

2-5. 赤ちゃんの力では抜け出せないタイプ

床から高い位置に座るハイチェアは、赤ちゃんが立ち上がってしまうととても危険です。しっかりとハーネスやベルトを付けて安全を確保したいですよね。テーブルが赤ちゃんのお腹にフィットするものや5点式のハーネスでしっかり拘束できるものだと、立ち上がる危険を回避できるので安心です。

ハーネス付きハイチェア

2-6. おすわりが安定しない赤ちゃんにクッションタイプ

離乳食の始まる6カ月頃の赤ちゃんは、まだお座りが安定しないのでハイチェアに座らせる時にはクッションがあると安定します。特に木製の場合は、赤ちゃんが触って怪我をしないように座面がなめらかなコーティングがされているため、腰が前に滑ってしまうこともあります。その場合もクッションがあれば安心です。椅子本体だけ先に買ってクッションを買い足すパターンが多いので、すぐ使い始められるようにあらかじめ購入を検討してはいかがでしょうか。

クッション付きハイチェア

2-7. 持ち運び簡単テーブルチェアタイプ

ハイチェアではありませんが、テーブルに固定するだけでハイチェアのように使えるテーブルチェア。限られたスペースでも手軽に使えることから人気のアイテムです。また、折りたたみが簡単にできるため、外出先や帰省の際にも持ち運べてとっても便利。ローテ―ブルにも使えるので、ハイチェアと合わせて一つ持っていてもいいかもしれませんね。ただし、テーブルの厚みによっては、使用できない場合がありますので事前に確認が必要です。

テーブルチェア

多機能ベビーチェア!ハイローチェアは離乳食でもOK!

ハイローチェア

新生児期から、多くのママに指示されているハイローチェアは、ゆらゆら揺らして赤ちゃんの寝かしつけに使ったり、ママが家事をする時間に待ってってもらう簡易ベッドとしても使える便利なチェアです。

高さをお好みで変えることができ、背もたれの角度も調整可。多機能なハイローチェアは、離乳食が始まったらベビーチェアとして活躍してくれますよ。

▼ハイローチェアについて詳しくみる
ママたちの満足度No.1 ベビー用品!?ハイローチェアが必要な6つの理由
▼ハイローチェアカバーについて詳しくみる↓
ハイローチェア用カバーは、楽に綺麗を保つためのママお助けアイテム!

3. 離乳食からのおすすめハイチェア8選!

離乳食が始まる生後6カ月頃から使えるベビーチェアの中から、おすすめのハイチェアを厳選してご紹介します。お気に入りの商品を見つけてくださいね。

トリップトラップチェア【ストッケ】
トリップトラップ
対象月齢36ヵ月頃~体重136kgまで
※6ヵ月頃からご使用の場合、専用ベビーセット(別売)が必要です。
サイズ幅46×奥行49×高さ79cm
素材ビーチ材/オーク材
重量6.4kg
足置き3.5cm刻み14段階
カラートリップトラップチェア:13色/オーク:3色
価格(税別)トリップトラップチェア:27,500円
トリップトラップ オーク チェア:37,500円
ニューボーンセット:9,900円
ベビーセット:7,250円
専用トレイ:6,000円
ポイント●赤ちゃんから大人まで使用可能
●座板と足置きの高さ調節で正しい姿勢で座れる
●スタイリッシュなデザイン&カラーバリエーション
●オプションのベビーセットやクッションでお好みにカスタマイズ

ノルウェーで1972年に誕生して以来、世界中の子どもたちに愛され続けているロングセラー商品です。デザイン先進国のノルウェーならではのカラフルなカラーバリエーションは、ママパパの心をくすぐりますね。赤ちゃんから大人まで使用できる信頼のハイスペックなハイチェアです。簡単にたたむことはできないので注意してくださいね。
離乳食期からの使用の場合は、専用のベビーセット(別売)を必ずご使用ください。

ステップス【ストッケ】
ステップス
対象月齢3歳~10歳くらいまで
※6ヵ月頃からご使用の場合、専用ベビーセット(別売)が必要です。
サイズ幅43×奥行62×高さ71cm
素材ビーチ材/オーク材
重量4.7kg
足置き5段階
カラーシート:2色、レッグ:8色
価格(税別)ステップス チェア:25,500円(ビーチ材)/29,000円(オーク材)
専用バウンサー:18,500円
ベビーセット:10,500円
専用トレイ:6,000円
ポイントシート(座面・足置き)とレッグ(脚部)はお好みのカラーでカスタマイズできる
●インテリアになじむスカンジナビアデザイン
●足置きは、工具無しで簡単に高さ調節

ステップスチェアは3歳過ぎのキッズを対象にデザインされたキッズチェアです。オプションでベビーセットを取り付けることで、離乳食用としても使用できます。また、赤ちゃんをあやすバウンサーを付ければ新生児の赤ちゃんもOK!シートとレッグはお好みでカスタマイズでき、家具にこだわりたいママパパに人気です。高額ではありますが、インテリアに合わせてコーディネイトしやすいハイセンスなチェアですね。

ハイチェア【リエンダー】
リエンダー
対象月齢2歳頃~体重125kgまで
※6ヵ月頃からご使用の場合、専用セーフティバー(別売)が必要です。
サイズ幅55×奥行56×高さ83cm
素材ブナ材(ヨーロッパビーチ)
重量5.1kg
足置き12段階
カラー5色
価格(税別)ハイチェア:31,000円
セーフティバー:8,500円
ポイントしなりが生み出すフィット感で楽な姿勢を保てる
●圧倒的なセンスが光るデザイン
●赤ちゃんの成長に合わせて座板&足置き&背板を調整できる
●インテリアに合わせて5つのカラーより選べる

リエンダー社は1998年に創業したデンマークの家具メーカー。創業者のリエンダー氏のこだわりは、「デザインと機能性は常に一体であること。全ての家具は子どもが満足するデザインであること。そして、デザインに子どもを合わせてはいけない。」ということ。リエンダーのハイチェアは、大人も子どもも満足のカタチになり高評価を獲得しています。
離乳食期からの使用の場合は、専用のセーフティバー(別売)を必ずご使用ください。

アッフルチェア【大和屋】
アッフルチェア
対象月齢7カ月頃(腰がすわってから)~体重70kgまで
サイズ幅49.5×奥行59.2×高さ81cm
素材ラバーウッド材
重量9.5kg
座板調整53.5~38.5cm(約3cm刻みで6段階調整)
カラー6色
価格(税別)18,000円
ポイントマカロンのような6色のカラーバリエーションから選べる
●座板、足置きを6段階調節で成長に合わせて高さを変えられる
●腰がすわってから使用でき、大人(耐荷重70㎏)まで使える
●ラバーウッドを使用し低価格でお手ごろ

ママならワクワクしてしまうカラーバリエーションですね。兄弟姉妹を予定しているなら、色を変えて揃えたくなってしまうのではないでしょうか。食事用で使用した後は、子供部屋で学習机用の椅子としても使えますね。

すくすくチェア プラス テーブル付【大和屋】
対象月齢7カ月頃(腰がすわってから)~体重60kgまで
サイズ幅53×奥行55.5×高さ80.5cm
素材ラバーウッド材
重量7kg
座板調整約3cm刻みで6段階調整
カラー6色
価格(税別)14,500円
ポイントテーブルとベビーガードがセット
●テーブルの固定と解除は、回すだけで簡単
●7カ月頃から大人(耐荷重60㎏)まで長く使える
●座面が湾曲してあるので、赤ちゃんの膝が曲げやすく座らせやすい

使いやすく進化し続ける大和屋ロングセラーのベビーチェア「すくすくチェア」。座板と足置き板は成長に合わせて細かく高さ調節でき、腰がすわったお子さまから、大人まで使うことができます。
赤ちゃんの安全を保つガードは、工具を使わずに付け外しができるのでお掃除も簡単。座板は進化した波型シートを採用。奥行きも微調節できます。膝が曲げやすく、座らせやすいので、赤ちゃんもママも快適です。

たためる木製スマートハイチェア3【日本育児】
たためる木製スマートハイチェア3【日本育児】
対象月齢6カ月頃(腰がすわってから)~体重60kgまで
サイズ幅49.5×奥行51.5×高さ77.5cm
素材ビーチ材・カバ材
重量7.5kg
調節座板:約2cm刻みで5段階調節/足置き:8段階調節
カラー2色
価格(税別)15,800円
ポイントたためて収納できるコンパクトハイチェア
●テーブルとベビーガードがセット
●6カ月頃から大人まで長く使える
●成長に応じて座板5段階、足置き8段階に高さ調整可能

折りたためるのが、最大のメリット!さらに、食事しやすいテーブル付きでお子様の安全を考慮したセーフティバーとベルトもあらかじめセットされたお得なハイチェアです。成長に合わせて座面と足置きは高さを変えられるので、しっかり足を付けて食事できます。食事に集中する習慣ができるといいですね。

木製ハイチェアEasy-sit【カトージ】
木製ハイチェアEasy-sit【カトージ】
対象月齢7カ月頃(腰がすわってから)~60カ月頃まで
サイズ幅48.5×奥行き58.5×高さ79.5cm
素材ラバーウッド材
重量7.15kg
足置き約4cm刻みで4段階調節
カラー3色
価格(税別)19,800円
ポイントスライド開閉式テーブルで乗せ降ろしがラク
●座りやすい座面クッションシート
●成長に応じて足置き4段階に高さ調節可能
●大きなサイズのプラスチックトレイ付き
●折りたためてコンパクトに収納できる

赤ちゃんをチェアに座らせてからテーブルをスライドさせて設置する新しいタイプ機能が魅力なハイチェア。腰ベルトもついているので、安全も確保でき、足置きの調節もできるのでしっかり座れます。座面のシートクッションは座り心地を良くしてくれ、汚れたらすぐふき取ればOKです。

ハイチェア(ハーネス付)【ベビービョルン】
ハイチェア(ハーネス付)【ベビービョルン】
対象月齢およそ6カ月頃(腰がすわってから)~3歳まで
サイズ幅約54×奥行き約55×高さ約83cm
素材[座面]キャップ:ポリプロピレン[トレイ]ABS樹脂[脚]スチール(エナメル粉体塗装)
重量5kg
座面床~座面まで:約56cm
カラー2色
価格(税別)30,000円
ポイントテーブルが身体にジャストフィットして子ども自身では抜け出せない
●たためてコンパクト
●足のせがあるから、ふらつかずに座れる
●デザインがスタイリッシュでおしゃれなフォルム

バウンサーや抱っこ紐でも知名度のあるベビービョルンの「ハイチェア」は、赤ちゃんが抜け出しにくいハイチェアと先輩ママから絶賛!さらにコンパクトに折たたむと、なんと26cmの厚さになるコンパクトな優秀ハイチェアです。ただし、使用期間は3歳までなので、そのあとは大人用椅子やキッズチェアに買い替える必要があります。

※商品情報は2020年4月現在の情報です。

ハイチェアに使われている主な素材のメリット・デメリット

主に、ここで紹介しているハイチェアの本体の素材について解説していきます。素材の特徴によってメリット、デメリットがあります。

★ 木製 ★
木製のハイチェアは、どっしりとした重みと安定感があり、素材が堅固なので耐久性に優れいています。兄弟や親戚に譲るなど、長いスパンで使い続けることができます。しかし、重量があるのでチェアが倒れて怪我をする可能性もあります。木製のベビーチェアを選ぶときは、安全性や安定性も考えて選ぶことが大切です。

メリット・安定感がある
・耐久性に優れている
・長く使える
デメリット・重いので倒れたら危ない
・汚れを放置すると染み込む

★ プラスチック製 ★
プラスチックは、軽くて持ち運びに便利な素材です。また、色素沈着しにくく、食べこぼしなどのふき取りが簡単にできます。ただし、お子様が成長して体重が重くなると、重心が高めになり安定感がなくることが多いので長期間の使用には向いていません。

メリット軽い
・持ち運びやすい
・食べこぼしが染み込みにくい
デメリット耐久性が木製に比べると劣る
・安定性が木製に比べると劣る

4. お試しや短期ならレンタルもおすすめ

ナイスベビーでは、ハイチェアのレンタルも好評です。お子様と長期で里帰りする場合や短期の帰省にも持ち運ぶことが難しいハイチェアは、使用先へ配送することもできます。使い勝手のいい折りたためるハイチェアやストッケのトリップトラップもレンタルしてお試しができちゃいます。

テーブル付木製ハイチェア 折りたたみ式

テーブル付木製ハイチェア 折りたたみ式【カトージ】
コンパクトタイプの木製ハイチェア、テーブルを使わない時はくるっと後ろにまわして。簡単にたたむことができるので、掃除のときにもストレスがありません。スペースが限られていたり、家族が多い場合などにおすすめです。

●使用月齢:お座りができるようになってから
●サイズ:幅45×奥行き62×高さ81cm
●重さ:8.9kg
●レンタル料(税抜):2週間 2,900円/6ヵ月 4,900円

トリップトラップ チェア (ナチュラル)【ストッケ】
お子様の成長に合わせて自由に調整でき、正しい姿勢を保てます。オプションでベビーセットを使用すれば生後6カ月頃から、ニューボーンセットを付ければ、新生児から使用が可能になります。購入を悩んでいるなら、レンタルで試してみるのもおすすめですよ。

●使用月齢:3歳~体重136kgまで
※ベビーセット(オプションレンタルあり)を使用すれば、生後6カ月頃から使用可
●サイズ:幅46×奥行49×高さ79cm
●重さ:7kg
●レンタル料(税抜):2週間 5,000円/6ヵ月 9,800円

※表示価格は全て2020年4月現在のものです。※配送方法によって別途レンタル送料がかかります。

5. 筆者のハイチェア体験談

筆者自身、第一子のころは、ハイローチェア(ベビーラック)をダイニングの高さに合わせて2歳ごろまで使用し、下の子が生まれてすぐハイローチェアを使い始めるタイミングで、上の子のハイチェアが必要に。

圧倒的低価格でシンプルなイケアのハイチェア「ANTILOP アンティロープ」を購入して3歳ごろまで使用していました。お得な値段に惹かれ、イケアの店内レストランで試して座らせても嫌がらなかったので、購入を決めました。テーブルの淵も高さがあるので飲み物をこぼしても処理しやすく掃除も楽でした。

しかし、足置きがないので足をぶらんぶらんしてしまう点や、高さ調節が出来なかったり、軽量なので子どもの力で動かせてしまう点がデメリットに感じました。時々ぐずったりしてベルトを外して立ち上がって助けを求める事もあり、目を離さないように気をつけていました。

体験談

6. 最後に

いかがでしたか?
ハイチェアは、離乳食が始まるタイミングや、ハイローチェアから切り替えなどが購入のきっかけというママパパが多いのではないでしょうか。
必要になった時期に、赤ちゃんと一緒にチェア探しにお出かけして実際に触ってみる事もおすすめです。赤ちゃんがいつまで使うのか、赤ちゃんに合っているかなど試してみてくださいね。

短期で使うモノはレンタル
長く使うモノはお得に購入♪

チャイルドシートが最大6,900円もおトクに!

レンタルと購入がセットになったおトクなプラン『借りて』+『買って』

「借りて買って」対象商品のレンタルと購入を同時に注文すれば、購入品のチャイルドシートが割引きに!ベビーシートはレンタルチャイルドシートは購入して、かしこく乗り換えしましょう!

ベビー用品のレンタルは
ナイスベビーにおまかせ!

取り扱いレンタル商品400種類、在庫数3万点以上!
ベビーベッドを中心にベビーカーやチャイルドシート、ハイローチェアなど最新モデルを含め、数多くの商品の中から自分にぴったり合うベビー用品をレンタルすることができます。

ナイスベビーならはじめてのレンタルでも安心

赤ちゃんが使うものだし、レンタル品は衛生面が心配。

高温スチームやオゾン発生機、電解水を用いた独自の
メンテナンス技術で衛生的で安心してご利用いただけます。

高温スチームやオゾン発生機、電解水を用いた独自の
メンテナンス技術で衛生的で安心してご利用いただけます

借りたものを壊しちゃったらどうしよう。

ナイスベビーの安心サポートで利用中に壊してしまっても弁償はありません。無料で交換いたします。

はじめての出産で何を用意すればいいのか分からない。

分からないこと、不安なことがあればいつでもお気軽にお電話ください。オペレーターが適切なアドバイスをします。

  • 月~土:AM9:00~PM6:00(土PM5:00)
    日・祝・第3土曜日 休み

ベビーベッドの組み立てがちゃんとできるか心配。

ナイスベビー便配送によるベビーベッドの組み立て、設置、詳しい使用説明をしますのでご安心ください。

※ナイスベビー便配送エリアが限定されています。また組み立てには駐車スペースの確保をお願いしております。

ナイスベビー便配送によるベビーベッドの組み立て、設置、詳しい使用説明をします

カタログ無料請求受付中!

・つるの剛士さんの子育てインタビュー

ベストファーザー賞にも輝いた先輩パパ!
つるのさんが語る「育児」とは?
ナイスベビー3つのオリジナルプランなどお
得な情報が盛りだくさん!