間口2~4メートル以上!ワイドタイプのベビーゲートおすすめ12選

ワイドベビーゲート

昨今のベビーゲート事情で人気を博しているのが「ワイドタイプ」のベビーゲート。需要の増加に伴い、国内外のベビー用品メーカーからは続々と新商品が登場しています。

広いリビングでも間仕切りできる最大幅なんと4メートルを超えるワイドなパーテーションから、サークルにも早変わりする多機能タイプ、幅の広い間口にも対応するワイドな突っ張り式など、バリエーションも豊富でお洒落なデザインのアイテムも多数!自分の家にぴったり合うゲート探しは、どれを選んだらいいのか一苦労ですね。

そこで今回は、設置幅から選ぶワイドタイプのベビーゲートおすすめ12選を紹介します。また、リビングでの設置方法を4つのパターンで紹介、合わせてレンタルの賢い利用方法についても解説していきます。

家の中に潜む危険から赤ちゃんを守り、ママの家事ストレスも大幅に軽減してくれてるベビーゲートは、もはや子育て必須アイテム。是非この記事を最後まで読んで、ご家庭にぴったり合うゲート探しの答えを見つけてくださいね!ちょっと視点を変えたゲートの活用法も一緒に知って、ゲートの機能を最大限に有効活用してしまいましょう!

それでは、楽しく読んでいただけることを願いながら、ベビーゲートを準備するママパパの参考になれば嬉しいです♪

1. 設置幅でみる!ワイドタイプのベビーゲートおすすめ12選!

ベビーゲートを設置する場所は、もう測りましたか??
間口(幅と高さ)の採寸はとても重要なので、しっかりサイズを確認して確実に設置できるものを選びましょう。
ここでは、設置幅別「400cm以上」「~400cm」「~300cm」「~200cm」の4つに分けて対応するおすすめ商品を紹介していきます。

1-1. 【400cm以上】広い部屋を間仕切る

広いリビングに設置を検討しているママパパに「これしかない!」と言ってもらえる、超ロングサイズのベビーゲートをpick upしました。それぞれに特長がありますので、家のつくりや好みに合わせて選んで下さいね。

【設置幅101~423cm】木製パーテーション FLEX400(日本育児)

木製パーテーション FLEX400

サイズ[設置幅]101~423cm[高さ]70cm[重さ]15.6kg
価格29,980円(税抜)
ドア付き木製パーテーション
設置幅は、最大幅423cmと広いリビングの間仕切りにぴったり!
木製パーテーションは、インテリアと安全を両立するおしゃれな木製ベビーゲートです。
置くだけタイプの長さのあるベビーゲートですが、扉前のセーフティプレートとエンドパネル、補助スタンドがしっかりと支えて、安定させる構造になっています。自由に角度調節ができるので危険箇所のガードや部屋のコーナーを囲んでキッズエリアをつくったり、生活シーンに合わせて自由にアレンジできるのが最大の魅力です!
【設置幅101~472cm】木のキッズパーテーション(日本育児)

木のキッズパーテーション

サイズ[設置幅]101~472cm[高さ]60cm[重さ]21kg
価格29,818円(税抜)
おもちゃ扉付き木のキッズパーテーション
木製のパーテーションにおもちゃが付いた超ロングサイズの新商品!赤ちゃんが大好きなパズルや電話の知育おもちゃが付いていて、飽きずに遊べるしかけ。部屋のコーナーを利用してベビールームを作ってあげれば、きっと赤ちゃんも喜んでくれますね!楽しく安全に、広いリビングをアレンジすることができ、なんと最長の472cmまでガードできるのが魅力!柵の高さは60cmと、大人でもまたぐことのできる高さになっているので、圧迫感もなく自由にレイアウトができます。口コミでは、「とにかくおもちゃがあると、少しの時間一人遊びに夢中になってくれるので、家事がはかどる!」と高評価のパーテーションです。
【設置幅60~694cm】ベビーサークルファースト10枚セット(ifam)

ベビーサークルファースト

サイズ[サークル]207×146cm[直線]694cm[高さ]60cm[重さ]12kg
価格10枚セット:22,500円(税抜)
用途に合わせて形を変えられるプレイサークル
ネットショップのランキングで、人気上昇中のパステルカラーが可愛いベビーサークルです。おすすめの理由は、サークル以外にも形を自由に変えて設置できること。全てのパネルをつなげれば、直線にして最大694cmと広い範囲での間仕切りも可能です。 パネル1枚が1kgと軽量なプラスチックタイプは組立も簡単にでき、汚れてもサッと拭くだけなのでお手入れも簡単。中にマットを敷けば、添い寝しながら寝かしつけができたり、として使うことができます。また、上に兄弟がいる場合にも、遊び方や生活スタイルが違ってもベビールームに赤ちゃんがいると安心ですね。

ベビーサークル iFam ウォータスタンドーLOCK 2個 セット(別売)

サークルを1列のパーテーションで使用する場合は、こちらのスタンドを一緒に使用すれば、安定感が倍増します。水の重みで固定する仕組みです。パネル1枚でも自立させて使うことができ、ベビーフェンスとしての使用にも役立ちます。

1-2. 【~400cm】広い部屋を間仕切る

【設置幅101~345cm】木製パーテーション FLEX300(日本育児)

木製パーテーション FLEX300

サイズ[設置幅]101~345cm[高さ]70cm[重さ]14.8kg
価格26,980円(税抜)
ドア付き木製パーテーション
設置幅は、最大幅345cmと広いリビングの間仕切りや、コーナーガードにぴったり!パネルの枚数を調節して自由にアレンジできるのが最大の魅力です!置くだけで設置でき、開閉式扉があるので大人も使い勝手がよく、重さがしっかりあるので安定感もあり、赤ちゃんをしっかり守ります。テレビの囲いやキッズコーナーにおすすめのサイズです。インテリアにも合わせやすい木製デザインが人気のロングパーテーションです。
【設置幅147~361cm】キッズパーテーション(日本育児)

キッズパーテーション

サイズ[設置幅]147~361cm[高さ]61cm[重さ]10.8kg
価格19,980円(税抜)
プラスチック製パーテーションポップなカラーリングが印象的なキッズパーテーション。カラフルなパネルでキッズスペースをつくれば、赤ちゃんも大喜びで遊んでくれそうですね。リビングの一部を自在に仕切ることができ、直線にすれば最大の長さ361cmまで使用することもできます。赤ちゃんには開けられないロック式のドアも付いているので安心。さらに、プラスチック製の素材は、汚れても水拭きでサッと落とせるのでメンテナンスのしやすさもママには嬉しいポイントですね。
【設置幅167~363cm】スーパーワイドゲイト(日本育児)

スーパーワイドゲイト

サイズ[設置幅]167~363cm[高さ]78cm[重さ]9kg
価格15,556円(税抜)
扉付きネジ固定のパーテーション
スーパーワイドゲートは、最大358cmまでの広い間口に対応する開閉式ゲートです。横にまっすぐつっぱるだけでなく、3枚のパネルのつなぎ目が屈折するので角度をつけての設置も可能です。取り付けは、頑丈な壁や柱にビス止めをしてサイドを固定し、中央2箇所にスタンドがついているので安定感は抜群です。また、2セットをつなげれば、サークルとしても使用できます。赤ちゃんの成長や環境の変化に合わせて使い方を変えられるのも魅力です。パネルは、見通しの良いメッシュ素材を採用、離れた場所からでも赤ちゃんを見守ることができます。

どこでもポールセット

どこでもポールセット(別売)

壁や柱に穴をあけずに「スーパーワイドゲート」を取り付けられる便利なオプション品。「どこでもポールセット」ご使用の場合、取り付け幅に12cm加算されます。床と天井を突っ張り棒で固定して設置するので、生活シーンで使用場所を変更することも可能になりました。

1-3. 【~300cm】広い間口に設置する

【設置幅190~270cm】とおせんぼ ナチュラル XLサイズ(日本育児)

とおせんぼ ナチュラル  XL

サイズ[設置幅]190~270cm[高さ]65cm[重さ]4.5kg
価格11,852円(税抜)
突っ張りタイプ最長フェンスタイプ
突っ張りタイプの中では、最長の設置幅270cm!子供がぶつかったり、よりかかったりしても倒れることなくとても頑丈な造りになっています。壁や柱の突っ張り棒の当たるところは、ソケットを両面テープで張り付けるか、木ネジで止める方法で固定する商品です。壁にやや傷は残る可能性がありますが、危険なものから赤ちゃんをしっかり守れる商品です。ぶつかっても痛くないやわらかいネットは、透けて見えるので安心。高さは65cmと比較的高めに設定されていて、子供はとおせんぼできますが、小柄なママやタイトなスカートだと、またぐには少々苦労します。出入りの頻度が高い場所へお設置や小さな兄弟や年配のご家族のいる場合、ドア付きを検討しましょう。家族構成によって、使いやすさが変わる商品なので、事前に家族と相談してくださいね。
【設置幅198~246cm】おくだけとおせんぼ おくトビラ Lサイズ(日本育児)

おくトビラ L

サイズ[設置幅]198~246cm[高さ]70cm[重さ]10kg
価格17,407円(税抜)
扉付きメッシュ置くだけタイプ
設置幅246cmと幅広で、開閉式の扉付き出入りしやすい大人気の置くだけタイプ!!赤ちゃんが、セーフティプレートに乗ることでゲートが固定される仕組みになっているため、壁を傷つけずに設置が可能。両端のパネルの角度を細かく調節できるので、変形した階段下にも対応でき自由度の高いベビーゲートです。扉部分は、赤ちゃんがぶつかっても痛くないソフトメッシュ素材になっているのもおすすめのポイント。折りたたむとコンパクトになるので、収納の時も場所をとりません。
【設置幅108~271cm】おくだけとおせんぼ スマートワイド(日本育児)

スマートワイド

サイズ[設置幅]108~271cm[高さ]60cm[重さ]7.4kg
価格17,407円(税抜)
角度調節可能な置くだけタイプ
両側サイドパネルは角度の調節可能で、赤ちゃんが触れると危険なものを囲み、近寄れないようにできるのがこのゲート。例えばテレビの周り、ベランダへの出入り口など、赤ちゃんがケガをする危険がある場所を囲い込むのに最適です。置くだけのタイプなので場所を変えたいときも簡単に設置OK!最大で271cmになるワイドな幅は、お部屋内の仕切りとしても大活躍します! 但し、頻繁に出入りする場所だと、またぐ回数が増えることを念頭に置いてください!
【設置幅75~294cm】おくだけとおせんぼ スマートワイドWOODY(日本育児)

スマートワイドWOODY

サイズ[設置幅]75~294cm[高さ]60cm[重さ]7.9kg
価格17,407円(税抜)
角度調節可能なおくだけタイプ
インテリアに合わせやすい木製のおしゃれな「スマートワイドWOODY」。パネルの接続部分は角度調節が可能、間取りに合わせてカタチを自由に変えられるロングサイズのベビーゲートです。またぐタイプなので、間仕切りよりもコーナーとかで使うのがbetter。赤ちゃんに入ってほしくないテレビ周りや、キッズスペースをつくる際、特におすすめ!赤ちゃんを抱っこして出入りする場合は転ばないように注意しましょう。

1-4. 【~200cm】出入口に設置する

【設置幅67~拡張パネルで187ccm】スマートゲイト2(日本育児)

スマートゲイト2

サイズ設置幅セット価格
本体67~91cm(高さ:87cm/重さ:5kg)9,800円(税抜)
Sサイズ91~115cm16,100円(税抜)
Mサイズ115~139cm18,300円(税抜)
Lサイズ139~163cm20,800円(税抜)
XLサイズ163~187cm22,800円(税抜)
扉付きベビーゲートタイプ突っ張りタイプの中では、最長の設置幅270cm!子供がぶつかったり、よりかかったりしても倒れることなくとても頑丈な造りになっています。日本育児のスマートゲイト2は、日本育児の大ヒットシリーズです。突っ張りタイプの固定方法で耐久性に優れたプラスチック素材で出来ています。扉付きのため出入りが多い場所、特にキッチンや玄関の設置を検討している方へおすすめのタイプです。別売りの拡張パネルが豊富で、最大187cm間口の広い場所への設置も対応しています。値段は少し張りますが、安全性や操作性を鑑みて十分に役割を果たしてくれる商品です。
> 購入こちら> レンタルはこちら
【設置幅78~193cm】おくトビラヒーターガード(日本育児)

おくトビラヒーターガード

サイズ[設置幅]78~193cm[高さ]70cm[重さ]11.3kg
価格18,333円(税抜)
扉付きスチール製置くだけタイプ
基本的には、冬場にヒーターを使用する際、子供が近づきやけどをしないためにヒーターガードとして開発されました。熱風が当たる前面パネルは熱くなりにくい植毛でカバーしたつくりになっていて安心です。冬場以外は、通常の置くだけタイプのベビーゲートとして設置幅78~193cmの間口にも使用できる一石二鳥なベビーゲート!使わない場合も簡単に折りたためるのでコンパクトに収納できて便利です! 使いたいシーンに合わせて移動して使うことができるおくトビラヒーターガードは、「次に買うならこれ!」とナイスベビーラボスタッフからも人気の高い商品です!
【設置幅140~185cm】ふわふわおせんぼキッズセーフ Lサイズ(日本育児)

ふわふわおせんぼキッズセーフL

サイズ[設置幅]140~185cm[高さ]60cm[重さ]2.2kg
価格4,609円(税抜)
突っ張りタイプ高コスパフェンスタイプ
ふわふわとおせんぼキッズセーフの一番の魅力は、「安全性の高さと低価格!」これに尽きます!硬い壁にしっかり固定できるグリップ式なので女性でも取り付けが簡単で、赤ちゃんには越えられない高さ60cmに設定されています。ポールカバーは柔らかいクッション入りの素材なので、ぶつかっても安心。全面はメッシュ素材で風通しがよく、赤ちゃんの様子も確認しやすいのがメリットです。 但し、デメリットとしては、小柄なママだとまたぐのが面倒に感じることがあるとの口コミが多く、頻繁に出入りをする場所には不向きです。使う場所をよく想像して、購入を検討してくださいね!

2. リビングに赤ちゃんスペースをつくる4つの設置パターン

ぐんぐん成長する赤ちゃんの可能性をイメージすることで、多くの危険も予測することができます。その危険を回避するために、工夫しながらベビーゲートの置く場所をみつけていきましょう。ママと赤ちゃんが過ごすことの多いリビングを安全で快適な空間にするため、以下の4つの設置パターンで危険地帯をどの様に仕切れるか詳しく解説していきます。

リビング見取り図

2-1. キッチンなどの危険な場所に入らないよう「ベビーゲート」を設置

キッチンは、赤ちゃんにとって危険な場所です。赤ちゃん一人で入ってほしくない場所は「ベビーゲート」を設置して、事故やケガを未然に防ぎましょう。ナイスベビーの社内アンケートでも9割以上がキッチンにベビーゲートを設置しており、自宅内で一番危険な場所と言えますね。ママが家事をしやすくするため、赤ちゃんの安全を守るために、しっかりと固定できる「ベビーゲート」を設置しましょう。

ベビーゲート

2-2. 生活空間を分ける「パーテーション」で間仕切り

赤ちゃんの生活パターンは、成長とともに変化します。ハイハイやつかまり立ちができるころには行動範囲が広がっていきます。赤ちゃんが危険なものに触れないか、ケガをしないか、ずっと見ているわけにはいきませんよね?そんな心配を少なくするために、生活空間を間仕切ることで、より赤ちゃんにとって安全なスペースを確保することができます。家事をしているママからも、安心して赤ちゃんの様子を見守ることができれば家事効率も上がります!自宅の間取りに合わせて角度を調節できる「パーテーション」で工夫してみましょう。

パーテーション

2-3. テレビ台やヒーターの周り「コーナーガード」を設置

テレビ周りは画面を叩いたり、レコーダーのスイッチを押したり、いじられポイントがたくさん!何らか対策が必要になるスポットですね。また、冬場は危険防止のために暖房はエアコンのみ、どことなく底冷えするような状況でもヒーターを我慢しているご家庭も多いはず。そんな時は、コーナーをしっかりと守るコーナーガードを設置しましょう。テレビを囲うようにしてガードを設置、ヒーターには温風でも暑くならない加工が施されている専用のガードをつければ、冬の寒さを我慢する必要はありません。コーナーガードを上手に活用して家族みんなが快適に過ごせる空間を作りましょう。

コーナーガード

2-4. リビングに安全な赤ちゃんの居場所「ベビーサークル」を設置

サークルとして形を変えられるタイプなら、自宅のリビングスペースの形に合わせて赤ちゃんの居場所を設置できます。コンパクトなサークルだとやや閉じ込められたと感じて嫌がる赤ちゃんもいます。
サークルを徐々に大きくカスタマイズしていくことができるサークルを選べば、少し大きくなったらキッズルームとして活用してみるのも良いですね。子供が飽きることなく遊べれば、家事もはかどるでしょう。リビングのあちらこちらに、細かくゲートする以外にも、大きなサークルでベビールームをつくる方法もおすすめです。

ベビーサークル

3. 賢く使うならレンタルも視野に入れて検討しましょう!

ここまで様々なベビーゲートの紹介と設置場所の提案をしてきました。ご家庭に合う使い方と商品はイメージできましたでしょうか?ワイドタイプの導入にあたっては、事前に収納などについても考慮していく必要があります。この章では、ワイドタイプの収納イメージや導入に伴う問題点、レンタルの活用法についても触れていきます。

3-1. ワイドタイプのゲートを折りたたんで収納してみた

ワイドタイプ収納

▲木製パーテーションFLEX400を折りたたむ

ワイドタイプ収納

▲おくとびらSサイズとの比較

上記の写真をご覧いただくとイメージできるかと思いますが、ワイドタイプのベビーゲートは、折りたたんだ状態の実物を見るとかなりの大きさです。長さがある分パネル数も多いのでこれだけのボリュームがあります。
購入する際には、まず、これだけの大きさを収納できるスペースを確保できること、また、不要になった際は処分に費用がかかることを念頭に置き、購入を決める必要があります。

3-2. 一時的だけど必須なアイテムは賢くレンタルを利用しよう

ベビーゲートを設置したはいいけど、赤ちゃんが嫌がったり、上のお子さんが動かしたり扉が開いたままでゲートの意味を成さない、など、長く使えなかったという声を聞くことがあります。また、引越しを考える方だと、引越し先で使用できない場合も考えられます。

ただ、使用期間は一時的なものですが、赤ちゃんとの日常を安全に送るために、ゲートは「子育て必須アイテム」と言っても過言ではありません。

そこで、収納や処分の問題、実際に使えるのか不安のある方におすすめしたいのがレンタルの利用。必要な期間だけ使うことができ不要になったら返却するだけ、収納や処分の悩みもありません。購入前にご家庭に合うのかまずはレンタルで試してみる、という活用方法もあります。

実際にナイスベビーでは、ベビーゲートの中でもワイドタイプはレンタルの需要が高いアイテムです。収納や処分の問題、使用期間が短いから、という理由でたくさんのお客様にレンタルをご利用いただいています。
レンタルにあたっては下記のチェック項目にいくつかあてはまる方であれば、レンタルを検討されることをおすすめします。

ベビーバス メリット

★ レンタル向きな人 ★

□引越しを予定している
□兄弟がいるのでゲートが意味を成すか不安
□不要になった後の処分に悩む
□大物ベビー用品の保管場所がない
□使用期間が短いが必要性を感じている
□いろんな種類があって選ぶのが難しい
□とにかく自宅に合うか試したい

この先どんどん子供グッズが増えることを考えると、大きなベビー用品のレンタルは賢い選択と言えそうです。ご家庭の環境に合わせてレンタルも視野に入れて検討してみてはいかがでしょうか。

3-3. ナイスベビーで人気のレンタルベビーゲート

木製パーテーション FLEX400 ナチュラル【日本育児】
 FLEX400
★ 6ヵ月レンタル ★★ 購入 ★
12,500円(税抜)29,980円(税抜)
キッズパーテーション カラフル【日本育児】
キッズパーテーション
★ 6ヵ月レンタル ★★ 購入 ★
6,750円(税抜)19,800円(税抜)

4. まとめ

ベビーゲートは、設置するだけで家の中の危険から赤ちゃんの身を守ることと、ママの家事ストレスを軽減する役割を果たしてくれます。もちろんベビーゲートがない家庭も数多くありますが、主に一人でお世話をするママは赤ちゃんを抱っこしながら家事をこなすことになり、ママの身体にも負担になることも。ベビーゲートを使うと、身軽に家事ができるので、ママのお助けアイテムとも言えるでしょう。
この記事を参考に、お部屋の広さにあったベビーゲートを賢く選んでみてくださいね!

短期で使うモノはレンタル
長く使うモノはお得に購入♪

チャイルドシートが最大6,900円もおトクに!

レンタルと購入がセットになったおトクなプラン『借りて』+『買って』

「借りて買って」対象商品のレンタルと購入を同時に注文すれば、購入品のチャイルドシートが割引きに!ベビーシートはレンタルチャイルドシートは購入して、かしこく乗り換えしましょう!

ベビー用品のレンタルは
ナイスベビーにおまかせ!

取り扱いレンタル商品400種類、在庫数3万点以上!
ベビーベッドを中心にベビーカーやチャイルドシート、ハイローチェアなど最新モデルを含め、数多くの商品の中から自分にぴったり合うベビー用品をレンタルすることができます。

ナイスベビーならはじめてのレンタルでも安心

赤ちゃんが使うものだし、レンタル品は衛生面が心配。

高温スチームやオゾン発生機、電解水を用いた独自の
メンテナンス技術で衛生的で安心してご利用いただけます。

高温スチームやオゾン発生機、電解水を用いた独自の
メンテナンス技術で衛生的で安心してご利用いただけます

借りたものを壊しちゃったらどうしよう。

ナイスベビーの安心サポートで利用中に壊してしまっても弁償はありません。無料で交換いたします。

はじめての出産で何を用意すればいいのか分からない。

分からないこと、不安なことがあればいつでもお気軽にお電話ください。オペレーターが適切なアドバイスをします。

  • 月~土:AM9:00~PM6:00(土PM5:00)
    日・祝・第3土曜日 休み

ベビーベッドの組み立てがちゃんとできるか心配。

ナイスベビー便配送によるベビーベッドの組み立て、設置、詳しい使用説明をしますのでご安心ください。

※ナイスベビー便配送エリアが限定されています。また組み立てには駐車スペースの確保をお願いしております。

ナイスベビー便配送によるベビーベッドの組み立て、設置、詳しい使用説明をします

カタログ無料請求受付中!

・つるの剛士さんの子育てインタビュー

ベストファーザー賞にも輝いた先輩パパ!
つるのさんが語る「育児」とは?
ナイスベビー3つのオリジナルプランなどお
得な情報が盛りだくさん!