エルゴ抱っこ紐を徹底解説!新生児から使える秘密と賢い使い分け方法

エルゴ

抱っこ紐の購入検討で、ほとんどの人の候補に上がると言っても過言ではないエルゴベビー。街中で見かける抱っこ紐のエルゴ率はかなり高いですよね。

高評価のポイントは機能性が高い」ということ。立体縫製で正しい自然な座り姿勢を保ち、赤ちゃんのカラダへの負担を軽減。厚みのある肩ベルトやしっかりとした腰サポートベルトで、赤ちゃんの重さによるママパパの体の負担を軽減させることができます。また、長期間に渡り使用できるという点も人気の理由のひとつです。

エルゴと言ってイメージされるのは、よく見かけるがっちりした腰ベルトの多機能型タイプだと思いますが、「新生児から使えるのかな?」と疑問を持たれる方も多いかもしれません。

エルゴの数種類ある抱っこ紐は、どれも新生児期から使用することができます。
みなさんご存知の多機能タイプの他に、実は、新生児期に特化したタイプがあるのことをご存じでしょうか?
2020年4月より販売された、その名も「エンブレース」。エルゴ抱っこ紐のスタンダードな多機能型タイプより、認知度こそまだ低いですが、使用したママたちからは「特化してるだけあると納得!」と絶賛の声があがる満足度の高い、今、注目の抱っこ紐なのです。

ここでは、エルゴ抱っこ紐の新生児期の使用に着目し「多機能タイプ」と「エンブレース」の特徴について、それぞれのメリット・デメリットを含めて詳しく解説していきます。後半ではおすすめのエルゴ抱っこ紐の買い替えパターンや知ってトクする情報も紹介していきます。

こちらの記事をお読み頂ければ、エルゴ抱っこ紐の機能や上手な使い方をしっかりとマスターすることができます。新生児期でも不安なく抱っこ紐を使用するために、失敗のない商品選びを実現するために、ぜひ最後まで読み進めてくださいね。

目次

1. 不動の人気!エルゴの抱っこ紐は全3種類

商品アダプト&オムニ360エンブレース
アダプト&オムニエンブレース
月齢新生児~4歳頃新生児~12カ月頃
体重3.2~20kg3.2~11.3kg
メリット・新生児期から長期間使用できる
・両肩と腰でしっかりサポート、体への負担を軽減
・新生児特化型で安心の密着抱っこ
・着脱が簡単
デメリット・新生児にはサイズが大きい場合あり
・価格が高い
・着脱が複雑
・12カ月頃までしか使用できない

エルゴベビー抱っこ紐は全3種類。
エルゴの抱っこ紐と言えば、街中でよく見かけるがっちりとした多機能タイプの「アダプト、オムニ360」を思い浮かべる方がほとんどだと思います。

エルゴの抱っこ紐はどれも新生児期に使える機能が備わっていますが、新生児から4歳頃までと長く使用できるため、新生児期の使用には少し不安もあります。
例えば、赤ちゃんの体型によっては埋もれて適切な位置で抱っこできない、産後の間もないママの体にはがっちりとした腰ベルトが痛く使いにくい、といった声も耳にします。
アダプトやオムニ360を産前に購入したけど、新生児期の使用には合わず、新生児用抱っこ紐を追加購入されたという方が多いのも事実です。赤ちゃんの首が座り、体重も重たくなってきた頃に実力を発揮するのが、アダプトやオムニ360の多機能タイプなのです。

一方、これまでのエルゴベビーのイメージを一新したデザインの「エンブレース」。こちらは新生児期に特化した機能を搭載した抱っこ紐で、首座り前の赤ちゃんに安心して使え、脱着も簡単な優れものです。アダプトやオムニ360の新生児に対する不足した機能を全て補ったものがこの「エンブレース」と言えるでしょう。ただし、使用期間は1歳前後までと短め。小さな赤ちゃんのための抱っこ紐なのです。

どちらもメリット・デメリットがあり、選ぶのは難しいですよね。
そこでこの後の章では、新生児期に特化した「エンブレース」について、多機能タイプの「アダプト&オムニ360」について、その特徴や機能を詳しく解説していきます。

抱っこ紐選びを失敗しないために、それぞれの商品の特徴を理解した上で、ご自身に合うタイプを見つけてくださいね。

2. 新生児期に使うなら「エンブレース」がおすすめ!

エルゴ

生まれたばかりの赤ちゃんは体が柔らかく姿勢も安定しづらいため、この時期の抱っこは難しく感じるもの。エンブレース新生児期に特化したモデルだけあって数々のこだわりが搭載されています。

前述しましたが、アダプトやオムニ360といった多機能タイプの新生児に対する不足している課題をすべてクリアしたモデルがこのエンブレース。小さな赤ちゃんのための抱っこ紐も魅力を一つずつ解説していきます。

2-1. 密着感抜群!赤ちゃんの小さなカラダにしっかりフィット

エルゴ

多機能タイプは、新生児期の使用で頭が潜ってしまったり、体と抱っこ紐の間に空間ができてしまうこともあります。密着感が足りないと不安を感じてしまうものです。

エンブレースの最大の特長は「密着感です。新生児期の柔らかな体をしっかりとホールドする安定感で、赤ちゃんにもママにも安心を与えてくれます。本体シートの造りもコンパクトなので、小さな赤ちゃんの頭が埋もれてしまうこともなく、しっかりと抱き寄せることができます。

がっちりとした腰サポートベルトもないので、産後間もないママの体にも負担をかけることのない優しい設計です。

2-2. 赤ちゃんにも優しいやわらかいストレッチ生地

エンブレース

独自のストレッチ生地は、伸縮性があり優しい肌ざわり。小さな赤ちゃんの体にも、産後間もないママの体にも優しくフィットします。抱っこする人の体型に合わせてサイズ調整もできて、誰にでもぴったりサイズで使用することができます。
スリングやベビーラップの優しい使い心地と、キャリータイプの使いやすさと安定感を兼ね備えたイイトコドリの抱っこ紐なのです。

2-3. 肩全体を覆う肩ストラップで負担を軽減

エルゴ

エンブレースの特徴はこの肩ストラップにもあります。
背中でのクロス装着によりフィット感が各段にアップ、長さ調整ができるので体格を問わずにフィットする構造です。幅の広い肩ストラップを広げ肩全体を覆うことで肩への負担も軽減します。さらに、赤ちゃんの首元にヘッドサポートがしっかりと沿う効果もあります。

多機能タイプにある背中バックルがないので、抱っこしたまま背もたれに寄りかかっても大丈夫!抱っこしたままソファーでリラックスもでき、室内で使いやすいのも嬉しいですね。

2-4. 3ステップで超簡単装着!ママパパ兼用で使いやすい

ergobaby embrace エルゴ エンブレース

ergobaby embrace エルゴ エンブレース

ergobaby embrace エルゴ エンブレース

装着はウエストベルトをカチッと装着して、赤ちゃんを抱っこしてから肩ストラップを背中でクロスさせれば完成!たったの3ステップで素早く装着できます。手元で簡単に操作できるので赤ちゃんを支えながらの装着でも安心ですね!
着脱が簡単なので、抱っこ中に寝てしまった赤ちゃんを降ろすときも、起こしてしまうリスクが軽減。背中スイッチが敏感な赤ちゃんの寝かしつけにも便利です。

2-5. コンパクトにたためて持ち運びにも便利

ergobaby embrace エルゴ エンブレース

多機能タイプは腰ベルトや肩ベルトが厚みがあり、ガッチリしているため畳んだ場合もそれなりの大きさになります。
エンブレースは柔らかいストレッチ素材なのでくるくる畳むことができて、重さもたった500gととっても軽量!小さいバッグにも入るコンパクトさでかさばりません。これなら外出時にも気軽に持ち運びできますね。

2-6. 新生児モデルなのに前向き抱っこもできる

エルゴ

なんと、首がすわったら前向き抱っこも可能!
装着手順は赤ちゃんを抱き寄せるときに前向きにして装着するだけと簡単。
前向き抱っこは、対面抱きよりも赤ちゃんの視界が広がり外の景色を楽しみやすいので、目が見えるようになり首を動かせるようになった好奇心旺盛な子にぴったりです。

スリングやラップタイプの抱っこ紐では、前向き抱っこができるモデルは少なく、新生児に特化したモデルなのに前向きができるのは、キャリータイプのエンブレースならではの魅力です。

3. 知名度抜群!長く使える多機能抱っこ紐「ADAPT&OMNI360」

エルゴ

エルゴの抱っこ紐と言えば、アダプトやオムニ360の多機能タイプを思い浮かべる方がほとんどではないでしょうか。街中でふら~っと辺りを見渡すとこの2タイプを使用されている方が9割といっても過言ではありません。

アダプトやオムニ360新生児から4歳頃まで長く使用できる多機能タイプ。様々な使い方ができるだけではなく、抱っこ紐としての機能や品質も評価が高く、また、カラーバリエーションが豊富でお洒落なデザインもママ達から絶大な人気を誇る理由でもあります。
ここからは、ママパパからの支持が高い大人気の多機能タイプ「アダプト、オムニ360」についてその特徴と、新生児期での使用のメリットデメリットにも触れていきたいと思います。

3-1. 新生児から付属品なしで使える

アダプト

現在販売されているエルゴ抱っこ紐は、新生児期から付属品なしで使用できます。

従来の抱っこ紐は、付属のインサートがないと首座り前の赤ちゃんには使用することができず、別購入する必要がありました。外出時もインサートを持ち歩かなければならず、少し不便なところでもありました。

数年前に発売されたアダプトは、これまでのエルゴのイメージを一新、デザインも大きく変わりました。研究を重ね開発されたアダプトは、新生児から付属品なしで使える画期的な抱っこ紐。股幅調整やヘッドサポートなどの機能が加わり「高機能なのに使いやすい」現在のモデルへと変貌を遂げ、さらに人気が高まりました。

3-2. 成長に合わせた股幅調節!自然なM字開脚で負担のない姿勢を保つ

エルゴ

インサートなしでも新生児から使えるようになった大きな理由として「股幅調節機能」があります。
赤ちゃんの成長に合わせて、理想的なM字開脚の姿勢が保てるよう、股幅のサイズを調整することができる機能です。

赤ちゃんの脚は両ひざと股関節が曲がり、外側に開いたM字型が好ましい形だとされています。従来型の場合、新生児は足が伸び切った体勢となることが不自然でした。

ウエストベルトと本体シートのつなぎ目部分のアジャスターを成長に合わせてサイズを調整します。新生児期は一番内側の「赤」に合わせることでお尻からヒザ裏まで包みこみ、M字開脚の姿勢が保てる構造となっています。

ただし、赤ちゃんにより個人差はあり、お尻が沈み込んでしまい正しい位置で使用できないケースもあるため、ご使用時には注意が必要です。使用時は必ず「膝がお尻より上がったM字の姿勢」を意識することを心がけてください。

3-3. ヘッド&ネックサポートで首がすわっていない赤ちゃんの頭・首を支える

エルゴ

新生児期に抱っこ紐を使用するときに最も気になるが「首元の安定」という点です。
アダプトとオムニ360は独自の「ヘッド&ネックサポート」機能があり、サポート力のあるクッションの装備で赤ちゃんの頭と首をしっかりとサポートします。赤ちゃんの頭や首に沿うようある程度柔らかさはありつつ、しっかりと支えるために絶妙な硬さのクッションが特徴的です。

新生児期はこのヘッド&ネックサポートを内側に折り込み使用します。頭と首が当たる部分にクッション性が増して、首のすわっていない赤ちゃんの頭と首をしっかりと支えます。
体の小さな赤ちゃんの場合、ヘッド&ネックサポートよりも低い位置に頭が埋もれてしまうケースもあります。正しい位置に抱っこできない時は無理に使用せず、正常な位置で使用できるまで成長してから使うことをおすすめします。

3-4. 赤ちゃんにも安心のベビーウエストベルト付き

エルゴ

日本仕様の新機能「ベビーウエストベルト」が付加され、国が定める厳しい基準をクリアした製品のみに与えられる「SGマーク」を取得。赤ちゃんの腰回りをしっかりホールドしてより安全性が高まりました。

アダプトとオムニ360を使用する際は、必ずベビーウエストベルトを装着します。ベビーウエストベルトにより隙間から赤ちゃんが落下する事故を防いでくれるので、より安心して使用できるようになりました。

赤ちゃんにベビーウエストベルトを装着し、本体の接続部分にバックルを片手でカチッと留めるだけのシンプル装着。
ただ、新生児に使用する場合、「赤ちゃんを寝かせる→ベルトを取り付ける→片手で赤ちゃんを抱いたまま装着」とステップが多いため、新生児期にはこの作業が手間に感じることもあります。首の座らない赤ちゃんに使う抱っこ紐は、装着ステップが少ない方が好まれます。

そのような観点から、できるだけ簡単に且つ安全に使用できる構造で開発されたのがエンブレースです。ベビーウエストベルトがなくともSGマークを取得、安心して使用することができます。新生児期の使いやすさという点ではやはりエンブレースに軍配が上がります。

3-5. 厚みのある肩・腰サポートベルトで抱っこの負担が大幅に軽減

エルゴ

赤ちゃんの重さを両肩と腰に分散してしっかり支えるのが、エルゴの特徴的な構造でもあります。肩ストラップは肉厚な造りになっていて、ダイレクトに重さが肩に響くこと防いでくれます。腰サポートのついたウエストベルトの安定感は抜群で、成長した赤ちゃんの体重でもしっかりと支えることができます。

肩、腰共にベルトの長さ調節ができるので、ママパパの体型や赤ちゃんの成長に応じて適切な位置に調節可能。赤ちゃんが大きくなっても疲れにくいという点で、大きく評価されています。

ウエストベルトの造りがかなりガッチリとしているため、ママの体型によってはベルトが腰骨にあたって痛い、産後にお腹の痛みが残っていてベルトを締めると痛い、などの声を聞くことがあります。特に産後の体に合わない場合は無理して使用せず、エンブレースのような柔らかい素材の抱っこ紐を選びましょう。

抱っこ紐は使い勝手も人により異なりますので、購入前には一度試着やレンタルなどで試してみることをおすすめします。

3-6. 自由自在に使い分け!ひとつで最大4パターンの抱っこができる

エルゴ

アダプトとオムニ360は、新生児期の対面抱っこの他に大きくなってから可能な「おんぶ」や「腰抱き」にも対応しています。
新生児期には不要な機能ではありますが、赤ちゃんが大きくなり重たくなったときや家事をするときにおんぶ機能があると便利ですよね。

オムニ360ならここ数年で需要が急上昇した「前向き抱っこ」にも対応しています。
某有名テーマパークでも列に並ぶ際に前向き抱っこをしているパパをよくお見かけするようになりました。周りに興味を持ち始めた時期や好奇心旺盛な子は前向き抱っこにすると喜ばれます!

3-7. カラーバリエーション豊富!ママパパ兼用で使いやすい

エルゴ

スタンダードな黒やネイビー、グレーの他にもカーキやベージュなどカラーバリエーションが豊富なのもアダプトとオムニ360の特徴です。お好みのカラーを選べてママパパで兼用する場合も使いやすいですね!
さらに星柄やチェック柄など日本限定デザインも販売されているので、エルゴの抱っこ紐を使いたいけど他の人と被るのが気になるという方にもおすすめです。

4. 新生児からエルゴベビー抱っこ紐を安全に使用するための注意事項

赤ちゃんの首がすわる時期は生後4ヶ月頃と言われていますが、首がすわっていない新生児を抱っこするのは慎重になりますよね・・・。ここでは、全てのエルゴ抱っこ紐に共通する新生児期に抱っこ紐を使用する際の5つの注意事項をご紹介します。最後まで読み進めていただき、赤ちゃんとのお出かけを安全にお楽しみください。

4-1. 抱っこの位置はおでこにキスができる高さがベスト

エルゴ

赤ちゃんのおでこにキスができる位の高さで抱っこしましょう。
赤ちゃんのおしりの位置は、大人のカラダの重心(おへその下あたり)よりも上にくるようにします。こうすることで赤ちゃんの体重を上半身全体に分散させることができるため、大人は赤ちゃんを軽く感じ、楽な姿勢で密着した抱っこをすることができます。

4-2. ヘッド&ネックサポートの位置は赤ちゃんの耳の半分の高さ

エルゴ

新生児期は頭も小さく、首もふにゃふにゃ。
首すわり前の赤ちゃんの姿勢を安定させるためには、頭と首をしっかり支えることは最も重要なポイントです。ヘッド&ネックサポートは赤ちゃんの耳の半分の高さに調節しましょう。

4-3. 顔は左右にどちらかに向かせる

エルゴ

呼吸確保のため、赤ちゃんのお顔は左右どちらかに向かせましょう。
ママパパの胸や抱っこ紐で口を塞がないよう注意が必要です。装着時以外にも抱っこ紐使用中は定期的に赤ちゃんの様子を確認するようにしましょう!

4-4. 手は肩ストラップのバックルよりも上

エルゴ

赤ちゃんの両手は必ず肩ストラップのバックルよりも上の位置から出してあげましょう。バックルよりも低い位置にあると抱っこ紐の隙間から落下してしまう危険性が高まります。
上記の左は誤った装着の写真です。赤ちゃんの手がバックルよりも下になり、姿勢が崩れてしまっています。画像右は正しく装着した写真。赤ちゃんがしっかりと安定しているのがわかります。

4-5. 足先は抱っこ紐の外

エルゴ

赤ちゃんの足先は必ず抱っこ紐の外に出しましょう。
はじめて抱っこ紐を使用するときは特に注意が必要です。中に赤ちゃんの足先を入れてしまうと自由に動かすこともできず、カラダの重さが足に集中してしまい危険です。大きな怪我にも繋がりかねませんので装着時に必ずチェックしましょう。

5. エルゴ抱っこ紐の商品ラインナップ

上の章では、エルゴ抱っこ紐のそれぞれの機能や特徴を知ることができましたね!
ここからは、エルゴ抱っこ紐の「エンブレース」「アダプト」「オムニ360」のサイズや素材、価格など商品の詳細を紹介していきます!それでは見ていきましょう。

5-1. エルゴベビー エンブレース

エンブレース

使用月齢新生児~12ヵ月(体重3.2kg~11.3kgまで)
サイズ腰回り約135cmまで
素材ポリエステル79%・レーヨン17%・ポリウレタン4%
抱き方対面抱き・前向き抱き
価格[販売]14,300円[レンタル]3,300円~
新生児期に特化したモデル。身体がやわらかく繊細な時期の抱っこをサポートする、独自のストレッチ生地とシンプル設計。赤ちゃんとパパママの、はじめての抱っこをスムーズに。

| > 購入はこちら | > レンタルはこちら |

5-2. エルゴベビー アダプト クールエア

アダプト

使用月齢新生児~48ヶ月(体重:3.2~20kgまで)
サイズ腰回り約132cmまで
素材ポリエステル100%
抱き方対面抱き・前向き抱き・腰抱き・おんぶ
価格[販売]27,500円[レンタル]4,620円~
アダプトは新生児から4歳頃まで長く使えるタイプです。成長しても理想的なお座り姿勢を保てるように設計されています。成長に合わせて調節できるエルゴノミックポジションシートが視線な座りを実現。赤ちゃんの体型にも合わせられるのはアダプトシリーズだけ。

頭と首を支えるヘッド&ネックサポートや首カックン防止・日よけのスリーピングフード、もしもの時でも安心なベビーウエストなど安全性も確保。赤ちゃんとママが快適に使えるような工夫がたくさん詰まっています。カラーやデザインが豊富なのもアダプトシリーズのメリット。自分好みのものが欲しい人や新生児から長い期間使いたい人にはアダプトシリーズがおすすめです。

| > 購入はこちら | > レンタルはこちら |

5-3. エルゴベビー オムニ360 クールエア

OMNI360クール

使用月齢新生児~48ヶ月(体重:3.2~20kgまで)
サイズ腰回り約132cmまで
素材ポリエステル100%
抱き方対面抱き・前向き抱き・腰抱き・おんぶ
価格[販売]31,900円[レンタル]6,050円~
OMNI360シリーズはエルゴベビー史上最上級モデル。独自の立体バケットシート搭載で前向きを含む4通りの抱き方が可能、前向き抱っこができるのが特徴です。 新生児からぴったりフィットして成長に合わせてサイズ調節ができるので、3歳頃まで長く使用できます。新生児から長く使いたい方にはこちらのシリーズがおすすめです。

| > 購入はこちら | > レンタルはこちら |

6. ナイスベビーラボおすすめ!エルゴベビーの賢い使い分け

ここまで「エンブレース」「アダプト&オムニ360」について詳しくご紹介してきました。それぞれの特徴や新生児期にエンブレースをおすすめする理由などもおわかりいただけたと思います。

抱っこ紐は赤ちゃんの月齢にあった仕様のもの、赤ちゃんやママの体型にぴったり合うものを使うことが、安全に使用するための絶対条件です。 長期使える多機能タイプを産前に購入したために、新生児には大きすぎる、自分に合わないと感じながらも無理に使用されている方も多いのではないでしょうか?

抱っこ紐は赤ちゃんの成長に応じて使い分けするのがベストですが、いくつもの抱っこ紐を購入するのは現実的ではありません。そこで、おすすめしたいのがレンタルを上手く活用すること。使用期間が短いモノはレンタルして、長く必要なモノを購入すれば費用に無駄がなく、満足度も得られるはず!是非、レンタルの活用も視野に入れて検討してくださいね!

6-1. 月齢に合う抱っこ紐を「お得に」使い分ける裏技はコレ!

下図はナイスベビーラボおすすめの使い分け提案。パターンAは、新生児期には密着感のある「エンブレース」をレンタルで使用、長く使用できる「アダプトorオムニ360」を購入する。パターンBは、首座り前は「エンブレース」をレンタル、首がしっかりしてきたころに「アダプトorオムニ360」をレンタル、その後歩くようになり動きが活発になったらサブ抱っこ紐を購入して切り替えるパターンです。諦めがちな新生児専用タイプも使えて、予算もしっかり押さえられるおすすめの使い分けパターンです。

抱っこ紐使い分け表

▼ ヨチヨチ歩きが始まる頃にほしくなる「セカンド抱っこ紐」について詳しくはこちらの記事をご覧ください!
満足度がぐんと上がる!2本目の抱っこ紐が必要な理由とおすすめ5選

6-2. 4種類の抱っこ紐がまとめてお試しできる超お得なパック

抱っこ紐お試しパック

抱っこ紐は試着だけではわからない!日常生活での使い心地、体へのフィット感、家でも外でも使って本当に使えるものを選ぶべき!というママたちの思いから誕生したのが、ナイスベビーの『抱っこ紐お試しパック』。人気の抱っこ紐4点がセットになった超お得な1ヵ月間のレンタルパック。

4点のレンタル価格は通常1ヵ月で21,010円のところ、このお試しパックなら半額以下の9,900円!まずは1ヵ月間レンタルで4種類をしっかり使って、自分に必要な抱っこ紐を体感しましょう。抱っこ紐選びに悩んだらまとめてレンタルでトライアルしてみましょう。

抱っこ紐お試しパック

★ 抱っこ紐お試しパック ★
【1】エルゴベビー エンブレース
【2】エルゴベビー ベビーキャリア OMNI360クールエア
【3】ベビービョルン ベビーキャリアMINI Air
【4】ベビービョルン ベビーキャリア ONE KAI

◎ 1ヶ月レンタル:9,900円

知っ得

旧型抱っこ紐を持っている人必見!インサートはお得にレンタルしよう!

現在、エルゴベビーで販売されている抱っこ紐はすべて新生児期から使用する場合もインサート(新生児用クッション)が不要です。しかし、旧型タイプをお持ちの方は首がすわるまでは必ずインサートが必要となります。首すわり時期はおおよそ生後3~4ヶ月頃なので活躍期間はとても短いアイテムです。

すぐに必要なくなるインサートはレンタルを上手く活用するのがおすすめ!
ナイスベビーではインサート単体のレンタルが可能。4ヶ月レンタルをした場合でも購入より半分の価格で利用できて経済的にも優しいですね。必要なくなれば返却するだけなので保管スペースも必要ありません。
抱っこ紐は持っているけどインサートが無い!という方はレンタルを検討してみてください。

インファントインサート ベビーキャリア専用インファントインサート

◎ レンタル2週間:1,540円
◎ レンタル4ヵ月:1,980 円

※表示はすべて消費税10%込みの価格です。

7. まとめ

いかがでしたでしょうか。 今回は新生児期に着目して、エルゴ抱っこ紐のそれぞれの特徴や機能をご紹介しました。人気なだけあってどのタイプも様々な工夫が施されていることを分かりましたね。新生児期の「快適性・利便性」の総合的にエンブレースは筆者イチオシの抱っこ紐です!

しかし、赤ちゃんとのお出かけに必需品で使用頻度も高いベビー用品だからこそ、まだまだコレ!と決めかねるという方もいらっしゃるかと思います。 ナイスベビーでは、今回ご紹介しましたエンブレースやオムニ360を含めた人気抱っこ紐4点をお得にお試しできる「抱っこ紐 お試しパック」をご用意しております。

一度レンタルでお試しして自分に合う抱っこ紐を見つけてから購入するのも、失敗しない抱っこ紐選びの秘訣です!

今こそ使うべきハイローチェア
迷わずレンタルしよう!

ハイローチェアイラスト日中の赤ちゃんの居場所、確保してますか?お昼寝できたり、遊んだり、お座りできたり、どこでも簡単に移動できる赤ちゃん専用のスペース。ハイローチェアやバウンサーがあれば、赤ちゃんもご機嫌、ママも安心して赤ちゃんと一緒にいることができます。使う期間は短いけど、あったら絶対に便利なスイングチェアたち。色々な種類から生活スタイルに合うものを、レンタルを活用して上手に便利に使ってみましょう!

ハイローチェア写真

バウンサー写真

ベビー用品のレンタルは
ナイスベビーにおまかせ!

取り扱いレンタル商品400種類、在庫数3万点以上!
ベビーベッドを中心にベビーカーやチャイルドシート、ハイローチェアなど最新モデルを含め、数多くの商品の中から自分にぴったり合うベビー用品をレンタルすることができます。

ナイスベビーならはじめてのレンタルでも安心

赤ちゃんが使うものだし、レンタル品は衛生面が心配。

高温スチームやオゾン発生機、電解水を用いた独自の
メンテナンス技術で衛生的で安心してご利用いただけます。

高温スチームやオゾン発生機、電解水を用いた独自の
メンテナンス技術で衛生的で安心してご利用いただけます

借りたものを壊しちゃったらどうしよう。

ナイスベビーの安心サポートで利用中に壊してしまっても弁償はありません。無料で交換いたします。

はじめての出産で何を用意すればいいのか分からない。

分からないこと、不安なことがあればいつでもお気軽にお電話ください。オペレーターが適切なアドバイスをします。

  • [月~金曜日]9:00~18:00
    [土曜日]9:00~12:00/13:00~18:00
    日・祝・第3土曜日 休み

ベビーベッドの組み立てがちゃんとできるか心配。

ナイスベビー便配送によるベビーベッドの組み立て、設置、詳しい使用説明をしますのでご安心ください。

※ナイスベビー便配送エリアが限定されています。また組み立てには駐車スペースの確保をお願いしております。

ナイスベビー便配送によるベビーベッドの組み立て、設置、詳しい使用説明をします

カタログ無料請求受付中!

・つるの剛士さんの子育てインタビュー

ベストファーザー賞にも輝いた先輩パパ!
つるのさんが語る「育児」とは?
ナイスベビー3つのオリジナルプランなどお
得な情報が盛りだくさん!