ベビーベッドの使用期間がわかる!ポイントはベッドサイズと設置場所

ベビーベッドいつまで メインビジュアル

出産準備にあたって最初に考えるのがベビーベッド。いざ選ぶ段階になると色々と疑問を持たれる方も多く、当社への問い合わせの中でも「ベビーベッドはいつまで使うの?」というご質問を多くいただきます。一般的には1歳前後までの使用が多いようですが、ベビーベッドの卒業のタイミングはご家庭によりそれぞれ異なります。

この記事では、ベビーべッドの使用期間をサイズ別、設置するお部屋別で徹底解説していきます。まずは使用できる期間を知って、生活スタイルに合うベッドを選べば、使用期間のイメージもできるようになってきます。また、準備するタイミングや就寝時の注意事項についても触れていきますので、是非参考にしてください。

お部屋の限られたスペースを賢く有効活用して楽しい育児を♪

1. ベビーベッドのサイズで使える期間が違う!

ベビーベッドといっても色々な大きさや高さなどの種類があって使用月齢はさまざま。ここでは代表的なベビーベッドの種類と特徴そして使える期間についてお話させて頂きます。

ベビーベッドサイズ比較

内寸 外寸 使用月齢
標準サイズ
120×70cm 125~127×74~82cm 誕生~18ヵ月もしくは24ヵ月
小型サイズ
100×63cm 104~106×68~71cm 誕生~12ヵ月
ミニサイズ
90×60cm 95~96×66~72cm 誕生~12ヵ月
ハーフサイズ
70×60cm 75~68cm 誕生~3か月
※外寸サイズ、使用月齢は各商品により異なるため各商品をご確認ください。

1-1. 標準サイズ(レギュラーサイズ)は生後18ヵ月もしくは24ヵ月まで

ベビーベッド標準使用月齢は生後すぐから使えて生後18ヵ月もしくは24ヵ月まで使えます。内寸サイズは120cm×70cmで一般的なベビーベッドのサイズです。

1番種類が多くお布団も種類が多いのでお部屋にあったベビーベッドの色やお布団の柄などを選べるのでご自分に合ったお部屋を作りやすいです。使える期間が1番長く、ベッドとしてだけではなく、ベビーサークルとしても使えるタイプもあり1番人気なスタンダードサイズのベビーベッドです。

1-2. 小型サイズは生後12ヵ月まで

ベビーベッド小型 使用月齢は生後すぐから使えて生後12ヵ月頃まで使えます。内寸サイズは100cm×63cmで標準サイズより一回り小さなサイズです。

標準タイプに比べて一回り小さいため、設置場所に困らないところが人気のポイントです。ただし、ベビーベッドの種類もお布団の種類も少ないので、希望の色やお布団の柄があればラッキーです。

1-3. ミニサイズ(コンパクトサイズ、超小型サイズ)は生後12ヵ月まで

ベビーベッドミニ使用月齢は生後すぐから使えて生後12ヵ月頃まで使えます。内寸サイズは90cm×60cmで小型サイズよりさらに一回り小さなサイズです。

限られたお部屋の中のスペースでも設置場所を選ばない便利なコンパクトベッド。お里帰りの短期間でのご使用やリビングでのお昼寝用としてやおむつ交換用としても使いやすく、最近ではお布団の種類もかなり増えている人気サイズのベビーベッドです。

1-4. ハーフサイズの場合は生後3ヵ月まで

ベビーベッドハーフ使用月齢は生後すぐから生後3ヵ月頃まで使えます。内寸は70cm×60cmでコンパクトサイズよりさらに小さなハーフサイズ。

標準サイズのベビー敷布団を半分に折って使うことができます。お里帰りの短期間でのご使用やリビングでのご使用、おむつ交換用に人気のサイズです。サイズがとても小さく、小回りも利くので、昼はリビングでお昼寝用として、夜は寝室用としてお部屋からお部屋の移動もらくに行えます。後々は一緒に大人用のベッドで赤ちゃんと一緒に寝る予定の方にはとっても人気サイズベビーベッドです。

2. 実際のベビーベッドの卒業はいつごろ?

ベビーベッド卒業のタイミングはつかまり立ちが出来る(生後8ヵ月から10ヵ月頃)が多いです。

上のお子様やペットがいる場合は新しい家族の一員にみんな興味津々!!いたずらなどで思わぬ事故を起こすことも。また、犬や猫などのペットがいる場合などはペットのいたずらや抜け毛などから守るためにも高い位置で寝かせてあげると良いでしょう。生まれたての赤ちゃんはまだまだ免疫力の低いので生活環境がなれるまではベビーベッドで赤ちゃん専用スペースを作ってあげましょう。

ここではメーカーさんの対象使用月例ではなく、先輩ママが実際にはどの程度のベビーベッドの使用期間が多いのかを様々なパターンで詳しくお話しさせて頂きます。

ベッドルーム

2-1. リビングでベビーベッドを使う場合の使用期間は短め

リビングでベビーベッドを使用する場合は6ヵ月間から10ヵ月間が一般的です。

リビングでベビーベッドを使うメリットは新生児の頃は1日の平均睡眠時間は15時間から20時間ぐらいとなっており、生後6ヵ月頃では1日の平均睡眠時間は14時間から15時間ぐらいです。昼間にママがお掃除、家事などの際にもリビングに赤ちゃんがいると目が届きやすく泣いてもすぐに駆け付けて授乳やおむつ替えなどのお世話がしやすいです。
また、おむつ交換も一日に10回程度なので、ベビーベッドの下に替えのおむつやおしりふきを置いておけば、そのままベビーベッドでおむつ交換ができるので毎回の抱っこも必要ありません。ただし、上にお兄ちゃんお姉ちゃんやペットがいる場合には、いたずらなどから守るためになるべく長めにベビーベッドを使用した方がいいでしょう。ベビーベッドを卒業後はベビーラックやバウンサーなどへ移行が一般的です。

2-2. 寝室でベビーベッドをつかう場合の使用期間は長め

寝室でベビーベッドを使用する場合は8ヵ月間から12ヵ月間が一般的です。

  • パパ、ママがベッドで寝ている場合には起き上がれば寝ている赤ちゃんの状態が確認しやすく、授乳やおむつ替えもベッドから降りずにできるのでとても安全かつ楽にお世話ができます。
  • パパ、ママがお布団で寝ている場合には深夜の授乳が大変なのでベビーベッド使用期間は短く3か月間から6ヵ月間ぐらいの方が多いです。
  • パパ、ママがベッドで寝ている場合同様に上にお兄ちゃんお姉ちゃんがいる場合には、いたずらなどから守るためになるべく長めにベビーベッドを使用した方がいいでしょう。

また、寝室でベビーベッドを使う際には実は季節によってもベビーベッドの使用期間が異なり、夏場は暑いので別々のベッドで寝ることが多くベビーベッドの使用期間が長くなる傾向があり、反対に冬場は寒いので一緒のベッドで寝た方が授乳、おむつ替えなどがしやすくなるため、使用期間が短くなる傾向にあります。

3. ベビーベッドはいつまでに用意すればいいの?

ベビーベッドは出産予定日の1ヵ月前から遅くとも2週間前には用意するようにしましょう。また、産後自宅にすぐに戻られる場合と里帰り出産の場合でベビーベッドを用意するタイミングは異なります。ここでは2つのパターンに絞ってお話させて頂きます。

3-1. 自宅の場合は2週間前までには準備を終わらせましょう。

ベビーベッド出産後、自宅に戻る場合には、遅くとも2週間前までにはすべての準備を終わらせておきましょう。出産が早まったり、ママの入院中は家の事が進まないことが多いため、早めの準備をおすすめします。

家具や家電を買った時もお部屋に実際に設置してみると想像より大きいと感じたことがありませんか?希望した商品を設置場所に置いてみて、いまある家具の移動など微調節できるように準備をすすめましょう。

3-2. 里帰り出産の場合は1ヵ月ぐらい前までに終わらせましょう。

里帰りイメージ里帰りの場合は出産予定日1ヵ月前までにはすべて用意しておくと安心でしょう。もし、パパやおじいちゃんなどに組立や設置をしてもられるようであれば、予定日の2週間前を目安に準備しましょう。

レンタルサービスを利用する場合には、使わない期間にもレンタル料金が発生してしまうので、レンタル会社に開始日を相談の上、お届日を決めるとよいでしょう。

一般的に里帰り期間は産前産後を合わせて2~3か月間の方が多いようです。(産後については1ヵ月間程度)

4. 『つかまり立ち』できる9ヵ月前後までは同室で別々に寝ましょう。

窒息事故、落下事故の多くは大人用ベッドで発生しています。
窒息事故を無くすためには赤ちゃんが払いのけられるベビー布団など軽い掛けふとんを使用して顔が埋まりにくい硬めの敷ふとん、まくらを使って、極力仰向けに寝かせてあげてください。また赤ちゃんの周りにはタオルやぬいぐるみなども極力置かない様にしてあげてください。

また、大人用のベッドは柵が無いため、就寝時の落下事故やベッドと壁の間に挟まれるなどの事故も少なくありません。窒息事故、落下事故を防ぐためにも出来るだけベビーベッドなどを使用して赤ちゃん専用スペースが必要です。スペースなどの兼ね合いでどうしても大人用のベッドで寝る場合にはベッドインベッドの使用をおススメします。

4-1. 0歳児の死亡事故ワースト1は就寝時の窒息死

寝室で起こる事故。窒息と落下にご注意。厚生労働省では家庭内における主な不慮の事故の種類別にみた年齢死亡数においてのデータを見ると0歳児の80%が不慮の窒息によるものとの発表があり、消費者庁では0歳児に不慮の事故死の原因32%が就寝時の窒息死との発表があります。

0歳児の就寝時の窒息の発生傾向

0歳の事故死は5年間で502件と、全体の1/4を占めるが、そのうち8割が窒息死。就寝時の窒息死が、32%と最も多く発生しており、ほとんどが家庭内で起きている。

~ 0歳児の不慮の事故死の原因 ~

0歳児の不慮の事故原因グラフ

~ 0歳児の就寝時の窒息事故の状況 ~

事故の状況 割合
顔がマットレスなどに埋まる 21%
掛け布団等の寝具が顔を覆う・首に巻き付く 11%
ベッドと壁の隙間などに挟まれる 8%
ベッドからの転落に起因する窒息 4%
家族の身体の一部で圧迫される 3%
ベッド上の衣類やクッション等で顔を覆われる 3%
その他、詳細不明 51%
※調査票で、事故の状況について記載があり、内容が確認できたもの

[出典]平成28年 消費者庁 子供の事故防止関連「人口動向調査」調査票分析 ~事故の発生傾向について~ より

赤ちゃんイメージ

5. まとめ

2016年11月にAmerican Academy of Pediatrics(アメリカ小児科学会)で発表されたSIDS(乳幼児突然死症候群)予防の1つに最低生後6ヵ月(推奨は24ヵ月)までは赤ちゃんと同室での睡眠を推奨しておりさらに赤ちゃんとは異なるベッドで寝ることを推奨しています。

日本では住居環境によってベビーベッドが置ける置けないなどあるとはおもいますが、最近では様々なサイズのベビーベッド、折り畳み式のベビーベッド、大人用のベッドに接続して使えるベビーベッドなど様々な種類があり、ご自身の生活環境に合わせてベビーベッドを選ぶことができます。

また、良く聞く話でママの腕、ベビーカーなどに乗っているときは寝てくれるけど、ベビーベッドに置いたとたんに大泣きするので、常に抱っこして抱っこ癖が付いちゃったというお話を良く聞きますが、実はベビーベッドなどに移動した際に背中の温度が変わって起きてしまう場合があります。大人でもお布団に入るとヒヤッとして目がさめちゃうのと同じです。厚めのバスタオルなどの上で抱っこをしてあげて、寝たらバスタオルごとベビーベッドなどに敷いてあげると背中の温度が変わりにくいので、そのままスヤスヤ寝てくれます。

6ヵ月頃までのSIDS予防もそうですが、高い場所で寝かしてあげることで、ほこり等から遠ざけてあげて、つかまり立ちが出来る頃(生後8ヵ月から10ヵ月頃)にベビーベッドを卒業させてあげるのもいいかもしれません。

[出典]American Academy of Pediatrics(アメリカ小児科学会) より

ベビーベッドはレンタルを
上手に活用しよう♪

レンタルのココがイイ ! !

ベビーベッド写真

ベビー用品のレンタルは
ナイスベビーにおまかせ!

取り扱いレンタル商品400種類、在庫数3万点以上!
ベビーベッドを中心にベビーカーやチャイルドシート、ハイローチェアなど最新モデルを含め、数多くの商品の中から自分にぴったり合うベビー用品をレンタルすることができます。

ナイスベビーならはじめてのレンタルでも安心

赤ちゃんが使うものだし、レンタル品は衛生面が心配。

高温スチームやオゾン発生機、電解水を用いた独自の
メンテナンス技術で衛生的で安心してご利用いただけます。

高温スチームやオゾン発生機、電解水を用いた独自の
メンテナンス技術で衛生的で安心してご利用いただけます

借りたものを壊しちゃったらどうしよう。

ナイスベビーの安心サポートで利用中に壊してしまっても弁償はありません。無料で交換いたします。

はじめての出産で何を用意すればいいのか分からない。

分からないこと、不安なことがあればいつでもお気軽にお電話ください。オペレーターが適切なアドバイスをします。

  • 月~土:AM9:00~PM6:00(土PM5:00)
    日・祝・第3土曜日 休み

ベビーベッドの組み立てがちゃんとできるか心配。

ナイスベビー便配送によるベビーベッドの組み立て、設置、詳しい使用説明をしますのでご安心ください。

※ナイスベビー便配送エリアが限定されています。また組み立てには駐車スペースの確保をお願いしております。

ナイスベビー便配送によるベビーベッドの組み立て、設置、詳しい使用説明をします

カタログ無料請求受付中!

・つるの剛士さんの子育てインタビュー

ベストファーザー賞にも輝いた先輩パパ!
つるのさんが語る「育児」とは?
ナイスベビー3つのオリジナルプランなどお
得な情報が盛りだくさん!