3歳はジュニアシート?体型別おすすめのチャイルドシート10選

チャイルドシート 3歳

3歳頃になるとチャイルドシートの買い替えを検討される方が多いようですね。その理由としては、今まで使用していたチャイルドシートが窮屈になってきたり、下の子が生まれるなどがあげられます。

3歳頃に使用できるチャイルドシートは主に(1)幼児学童用:チャイルドシート(2)学童用:ジュニアシート(3)ブースターシートの3タイプに分けられます。

チャイルドシートとジュニアシートはぱっと見、違いが分かりにくいですよね。ジュニアシートも「3歳~」となっている物がほとんどのため、3歳児はチャイルドシートかジュニアシートか、どちらを選ぶべきか迷われる方が多いようです。

買い替えの商品選びで最も重要なポイントは「子どもの体型に合わせた商品選び」です。どんなにデザインや機能が優れている物でもお子様の体型に合っていなければ、安全を確保することができません。対象年齢はあくまでも目安。年齢で決めるのではなく、必ず体型に合わせて決めることが大切です。

そこで今回は、体型別のおすすめチャイルドシートや使用する前に知っておくべき基礎知識など、商品選びに役に立つ情報を紹介します。こちらの記事を読んで頂ければ、お子様にぴったりなチャイルドシートが見つかります。ぜひ参考にしてみてください。

1. 3歳から使えるチャイルドシート3タイプ

■タイプ1『幼児学童用:チャイルドシート』

5点式ハーネス&背もたれ付き
使用月齢:約1才~11才頃まで

チャイルドシートの付属する5点式のハーネスでしっかりとお子さまをホールドします。ジュニアシートの基準身長に達するまでは必ずインナークッションを使用して小さな体を守りましょう。

背もたれ付きタイプタイプ2『学童用:ジュニアシート』

ハーネスなし&背もたれ付き
使用月齢:約3才~11才頃まで

車のシートベルトを使ってお子さまをホールドします。対象月齢になっても体の小さなお子様は使用できません。必ず基準体型を超えてから使用しましょう。

ブースタータイプタイプ3『ブースターシート』

ハーネス&背もたれなし
使用月齢:約3才~11才頃まで

2. ジュニアシートは身長100cm、体重15kg以上から使用しましょう

ジュニアシートは、一般的に身長100cm以上、体重15kg以上の子どもを対象に作られています。その基準を満たしていなければ、本来の機能を発揮することも安全の確保もできず、万が一のときに大切なお子様を守ることができません。チャイルドシートからジュニアシートへ移行するタイミングは、年齢ではなくお子様の体型に合わせる事が大切です。

購入前に必ず商品の適応サイズとお子様の体型がぴったりと合うか確認しましょう。販売店では、実際に商品に試乗させてもらえるので試してみるのもおすすめです。

チャイルドシートの切り替えは体型に合わせて

3. ジュニアシートを使用する前の予備知識!

ジュニアシートを安全に使用する為には、基礎知識をしっかりと押さえておく必要があります。こちらではジュニアシートを使用するにあたり、必要最低限知っておくべき2つの点についてご紹介します。

3-1. チャイルドシート着用義務は5歳まで

国の法律で定められているチャイルドシートの着用義務は「生まれてから6歳の誕生日を迎えるまで」となっています。
しかし、車の大人用シートベルトは身長140cm以上の体型に合わせて設計されているため、140cm以下の小さな子どもに使用するとベルトが首にかかるなど、とても危険な状態になります。年齢は6歳になっても、大人用シートベルトが安全に使用できる体型になるまでは、可能な限りジュニアシートを使い続けてください。

着用必須!チャイルドシートの義務や罰則・免除される事例を徹底解説

3-2. 車の後部座席へ設置しましょう

チャイルドシートは後部座席へ設置

法律上では、チャイルドシートの設置場所については規定がないため、助手席に設置した場合でも違反にはなりません。実際、子どもが大きくなり自分で乗り降りできるようになると助手席に乗りたがる子が多いようです。 しかし、助手席への設置は決しておすすめできる場所ではありません。助手席にはエアバッグが装着されている車がほとんどですが、エアバッグの衝撃は思っているよりも強く、作動すればジュニアシートやお子様を押しつぶしてしまう危険性があります。使用方法を間違えれば、命を守るはずの物が「凶器」となり得るのです。過去の事故でも、助手席に乗っていた3歳の子どもがエアバッグの衝撃で胸を圧迫され死亡した悲惨な事故が起きています。 安全を第一に考えれば「後部座席」に設置するのがよいでしょう。 どうしても助手席に設置しなければいけない場合は、エアバッグが付いていない車を使用するか最大限に座席を下げ、エアバッグからできるだけ遠ざけた状態で使用してください。

どうしても助手席で使用しなければいけない場合
エアバッグ エアバッグは安全を守るためのアイテムですが、開いたときの衝撃はとても強く子どもが必ずしもその衝撃を受け止められるとは限りません。さらに助手席のエアバッグは運転席より大きく開くので、万が一の事故でエアバッグが開くと座席が近いととても危険です。どうしても助手席で使用しなければいけない場合は、ジュニアシートに座れる体格になってから、できるだけ車のシートは下げて使用しましょう。

4. 3歳からブースターシート使用をすすめない理由

ブースター

ブースターシートは、身長140cm以上にまだ満たない子どもが、車のシートベルトを適切な位置で安全に使用するためのアイテムです。メーカーではブースターの適合年齢を「3歳~」としている事が多いですが、筆者は3歳からのブースター使用にはリスクがあると考えています。

3歳からのブースター使用リスク
リスク1★ 車のシートベルトを適正な位置で使用できるのは、身長140cm以上。基準を満たしていないとベルトで怪我する危険性が高まる。
リスク2★ 横からの衝撃から守るガードがなく、衝撃を受けやすい。

ブースターの平均的な高さは20cm程です。車のシートベルトを適正な位置で使用できるようになる身長は140cm以上のため、単純に身長が120cm以上なければブースターを使用した場合でも安全とは言えません。
適正な位置で使用していなかった場合、お腹や首にシートベルトが当たり事故が起きたときに負担がかかりシートベルトで負傷する可能性が高いということが言えるでしょう。また、横からの衝撃を守るガードもないため、衝撃を直接受けやすい状態となります。これらのリスクから、ブースターでの使用は体が大きくなってから、小さな時期は「背もたれ付き」のタイプの使用を推奨します。

5. 体型別おすすめのチャイルドシート&ジュニアシート

これまでお伝えしてきたように、チャイルドシート選びで大切なことは「お子様の体型に合わせる」ということです。ジュニアシートの使用基準体型を境に、体型別のおすすめチャイルドシート&ジュニアシートを紹介します。

5-1. チャイルドシート:身長100cm・体重15kgを満たないお子さま向け

身長100cmを満たないお子様には、安全性を考慮した5点式ハーネス付きでしっかりと守りましょう。以下の2つのタイプが1台で長く使用することできるのでオススメです!
★ 背もたれが取り外せて、ブースターシートとしても使用できるタイプ
★ 背もたれの高さを調節できて、12歳頃まで使用することができるタイプ

エアポップ【グレコ】
エアポップ

★通気性抜群のボディ構造♪
シート全体のエアーホールとメッシュ素材のダブルで通気性がよく、汗っかきのお子様も快適ドライブ!

★ふんわりやわらか快適シート
座面部分に柔らかいウレタンマットクッションを搭載。さらっとした柔らかい座り心地。

★洗えるシート
食べこぼしや汗などの気になる汚れも洗って清潔!取り外して手洗い可能。

■対象月齢:体重9~36kgまで(12カ月~11才頃まで)
[チャイルドモード]体重9kg~18kg
[ジュニアモード(背もたれ使用時)]体重15kg~25kg
[ブースターシートモード]体重22kg~36kg
■サイズ:
[ハイバック時]W41.3×D44.2×H67.2~75cm
[ブースター時]W43.3×D36.8×H22cm
■本体重量:5.2kg(座部のみ1.8kg)
■取付方法:3点式シートベルト
■適用基準/規則:ECE R44/04適合
ジョイトリップ エアスルー GH【コンビ】
ジョイトリップ エアスルー GH

★ヘッドレスト
ヘッドレストの位置は、成長に合わせて上下に動かすことが可能。

★超・衝撃吸収素材エッグショック搭載
コンビ独自の超・衝撃吸収素材「エッグショック」を搭載。衝撃から子どもの頭を守ります。

★ふわふわ爽快シート
全面3Dメッシュシート&本体エアゲートで高い通気性と快適性を実現し、いつでも快適!

★軽量コンパクト設計
軽量でコンパクトなので、取り付けも取り外しもラクラク♪

★シートにピタっとリクライニング機能
約90°~110°まで背もたれの角度を調節できます。

■対象月齢:体重9~36kgまで(12カ月頃~11才頃まで)
■サイズ:W44×D45×H67cm
■本体重量:5.3kg
■取付方法:3点式シートベルト
■適用基準/規則:ECE R44/04適合
チャイルドシート&ジュニアシート Joie Elevate(ジョイー エレベート)【カトージ】
Joie Elevate

★サイドインパクトシールド
前方後方の衝撃だけではなく、側面衝突の衝撃からもお子様を守ります。

★ヘッドレスト&肩ベルト連動
成長に合わせてワンタッチで正しい位置に調節できるように、ヘッドレストに連動して肩ベルト調節ができる「Grow Together」機能搭載。さらに、大型のヘッドレストがお子様の頭部をしっかりと支えます。

■対象月齢:体重9~36kgまで(12カ月~12才頃まで)
[チャイルドモード]体重9~18kg
[ジュニアモード(背もたれ使用時)]体重15~36kg
[ブースターシートモード]体重22~36kg
■サイズ:
[チャイルドモード]W49×D50×H62~81cm
[ジュニアモード]W49×D50×H62~81cm
[ブースターシートモード]W46.5×D40×H20.5cm
■本体重量:
[チャイルドモード]4.6kg
[ジュニアモード]4.2kg
[ブースターシートモード]1.7kg
■取付方法:3点式シートベルト
■適用基準/規則:ECE R44/04適合
エアグルーヴ プレミアム AC【アップリカ】
エアグルーヴ プレミアム AC

★深いヘッド&3Dサポートクッション
深いヘッドサポートと肩や腰の両側から包み込むシート形状で、ドライブ中の崩れやすい姿勢をしっかりとサポートします。

★乗り心地いい座面クッション
厚みのあるクッションとサラサラメッシュでドライブを快適に♪

★背もたれの角度調節
2段階に背もたれの角度が調節でき、車のシートに合わせてしっかりと取り付けられる。

■対象月齢:体重9~36kgまで(12カ月~11才頃まで)
[チャイルドモード]体重9~18kg
[ジュニアモード(背もたれ使用時)]体重15~26kg
[ブースターシートモード]体重22~36kg
■サイズ:
[チャイルドモード]W44.2×D41.3×H67.2~75cm
[ブースターシートモード]W43.3×D36.8×H22cm
■本体重量:
[チャイルドモード]5.4kg
[ブースターシートモード]1.8kg
※ドリンクホルダー含まず
■取付方法:3点式シートベルト
■適用基準/規則:ECE R44/04適合
ハイバックブースターEC Fix【日本育児】
ハイバックブースターEC Fix

★デュアル対応
誰でも確実に設置できるISOFIXと対応していない車でも3点式シートベルトで設置対応の2Way使用。

★ISOFIXはTOPテザー方式
足元がスッキリして付け替えしやすく、カーシェアリングにもおすすめ!

★ダイヤル式無段階リクライニング調節機構
座席にフィットする(約95°~115°)

★ヘッドレスト7段階調節
ヘッドレスト連動式7段階肩ハーネス高さ調節機構を採用

★分割式カバー
汚れやすい座面部だけでもお洗濯できる

■対象月齢:体重9~36kgまで(12カ月~12才頃まで)
[チャイルドモード]体重9~18kg
[ジュニアモード(背もたれ使用時)]体重15~25kg
[ブースターシートモード]体重22~36kg
■サイズ:W44×D44×H67~77cm
■本体重量:9.3kg
■取付方法:3点式シートベルト・ISOFIX対応
■適用基準/規則:ECE R44/04適合

5-2. チャイルドシート:身長100cm・体重15kgを超えたお子さま向け

身長が100㎝、体重が15㎏を超えている子は、車のシートベルトでホールドするジュニアシートの使用が可能です。1才頃から使用できるチャイルドシートよりも比較的に値段も抑えることができます。

ジョイキッズ ムーバー エッグショック KH【コンビ】
ジョイキッズ

★超・衝撃吸収素材エッグショック搭載
本体頭部にたまごも割れない、コンビ独自の超・衝撃吸収素材「エッグショック」を搭載。小さい子どもの頭を守ります。

★3Dメッシュシートで通気性と快適性を実現
体温調節が苦手な子どものために、コンビが考えた通気・空気の循環構造で長距離ドライブも快適に!

★ぱぱぴたヘッドレスト
背もたれの頭部が上下するので、お子様の成長に合わせてベルトをいつでも最適な位置に調整できます。

★ベルトジャストフィッター
ベルトジャストフィッターを左右に調節して、お子様の肩幅に合わせて最適な位置に調整できます。

■対象体重:体重15~36kgまで(3才頃~11才頃まで)
[ジュニアモード(背もたれ使用時)]体重15~36kg
[ブースターシートモード]体重22~36kg
■サイズ:W45.5×D46.5×H67~81cm
■本体重量:4.2kg(座部のみkg)
■取付方法:3点式シートベルト
■適用基準/規則:ECE R44/04適合
Junior Plus(ジュニアプラス)【グレコ】
Junior Plus

★ヘッドサポート&アームレスト調整可能
ヘッドサポートは高さ6段階調節、アームレストは2段階調節可能。お子様の成長に合わせてフィットします。

★ウォッシャブルシートで丸洗い可能(手洗い)
汚れや食べこぼし、汗などウォッシャブルシートなら洗えて清潔です。いつでも快適に使えます。

★収納付きカップホルダー
カップホルダーを左右両サイドに装備。使わないときは収納できるので邪魔になりません。

■対象体重:体重15~36kgまで(3才頃~11才頃まで)
■サイズ:
[ハイバック時]W40×D40×H69~82cm
[ブースター時]W40×D40×H22㎝
■本体重量:3.6kg(座部のみ2.5kg)
■取付方法:3点式シートベルト
■適用基準/規則:ECE R44/04適合
takata312-ifix junior【タカタ】
takata312-ifix junior

★ISOFIX固定
車のISOバーにしっかり固定。急カーブでもシートがズレ落ちず、傾かず安心・安全です。さらに、「コネクターロック」を搭載。ISOバーに差し込み赤から緑に変わればロック完了の合図です。

★フレキシブルサイズ調整
背もたれの高さと幅が連動します。ショルダーガイドの位置も成長に合わせて同時に変化します。

★ワンタッチ折りたたみ機能
使わないときは、座席から取り外し背もたれを倒すことが出来ます。車のトランクルームや家の中でもコンパクトに収納可能。

■対象体重:体重15~36kgまで(3才頃~12才頃まで)
■サイズ:W45×D48×H69cm ※コネクター収納時
[収納時]W48×D77×H25㎝
■本体重量:6.6kg
■取付方法:ISOFIX
■適用基準/規則:ECE R44/04適合
カイナハイバックISOFIX【リーマン】
カイナハイバック

★ISOFIX&シートベルト固定
誰でも確実に安全に設置できるISOFIXと車のシートベルト固定の2Wayタイプ。

★9ステップヘッドレスト
ヘッドレストの高さを9段階で細かく調節できます。ヘッドガイド、背クッションと連動しているのでワンタッチで適切な位置に調節可能。

★サイドガード構造
側面衝突を考慮した、奥行の深い形状です。眠ったときには枕代わりにも!

★3Dメッシュ
身体の動きで空気の流れを作り出す、通気性抜群3Dメッシュ生地を採用。

★ウォッシャブルカバー
すべてのファブリックパーツが外して洗えるので、いつでも清潔に使用できる。

■対象体重:体重15~36kgまで(3才頃~11才頃まで)
■サイズ:W47×D47×H66.5cm
■本体重量:6.4㎏
■取付方法:ISOFIX・シートベルト
■適用基準/規則:ECE R44/04適合
トラベルベストEC Fix【日本育児】
トラベルベストEC Fix

★デュアル対応
超簡単・確実にガッチリ固定できるISOFIX装着、ほとんどの車に取り付け可能なシートベルト装着とどちらでも取り付けられるデュアル対応!

★クラス最小・最軽量
軽自動車やコンパクトカーに設置しても車内ゆったり!使わない時は座面をクルッとたたむだけで、すっきりコンパクト

★ロングユース
1歳頃~4歳頃までは【チャイルドモード】(本体の5点式ハーネスベルト)で、3歳頃~7歳頃までは【ジュニアモード】(車のシートベルト)で装着できるから、1台でなが~く使えます!

■対象体重:
[チャイルドモード]9~18kg(1歳頃~4歳頃まで)
[ジュニアモード]15~25kg(3歳頃~7歳頃まで)
■サイズ:
[使用時]約幅40×奥行42×高さ64~69cm
[収納時]約幅40×奥行45×高さ39cm
■重量:約7.3kg
■取付方法:ISOFIX・3点式シートベルト
■適用基準/規則:ECE R44/04適合

6. まとめ

いかがでしたでしょうか。 お子様にぴったりなチャイルドシートやジュニアシートは見つかりましたか? ある程度、大きくなったからとコンパクトでコストも抑えられるタイプを選びがちかと思いますが、チャイルドシートは子どもの安全を守るためのアイテムです。 体型に合わせた安全で安心して使用できるタイプを選びましょう!

短期で使うモノはレンタル
長く使うモノはお得に購入♪

チャイルドシートが最大6,900円もおトクに!

レンタルと購入がセットになったおトクなプラン『借りて』+『買って』

「借りて買って」対象商品のレンタルと購入を同時に注文すれば、購入品のチャイルドシートが割引きに!ベビーシートはレンタルチャイルドシートは購入して、かしこく乗り換えしましょう!

ベビー用品のレンタルは
ナイスベビーにおまかせ!

取り扱いレンタル商品400種類、在庫数3万点以上!
ベビーベッドを中心にベビーカーやチャイルドシート、ハイローチェアなど最新モデルを含め、数多くの商品の中から自分にぴったり合うベビー用品をレンタルすることができます。

ナイスベビーならはじめてのレンタルでも安心

赤ちゃんが使うものだし、レンタル品は衛生面が心配。

高温スチームやオゾン発生機、電解水を用いた独自の
メンテナンス技術で衛生的で安心してご利用いただけます。

高温スチームやオゾン発生機、電解水を用いた独自の
メンテナンス技術で衛生的で安心してご利用いただけます

借りたものを壊しちゃったらどうしよう。

ナイスベビーの安心サポートで利用中に壊してしまっても弁償はありません。無料で交換いたします。

はじめての出産で何を用意すればいいのか分からない。

分からないこと、不安なことがあればいつでもお気軽にお電話ください。オペレーターが適切なアドバイスをします。

  • 月~土:AM9:00~PM6:00(土PM5:00)
    日・祝・第3土曜日 休み

ベビーベッドの組み立てがちゃんとできるか心配。

ナイスベビー便配送によるベビーベッドの組み立て、設置、詳しい使用説明をしますのでご安心ください。

※ナイスベビー便配送エリアが限定されています。また組み立てには駐車スペースの確保をお願いしております。

ナイスベビー便配送によるベビーベッドの組み立て、設置、詳しい使用説明をします

カタログ無料請求受付中!

・つるの剛士さんの子育てインタビュー

ベストファーザー賞にも輝いた先輩パパ!
つるのさんが語る「育児」とは?
ナイスベビー3つのオリジナルプランなどお
得な情報が盛りだくさん!