ベビー業界歴30年の私がオススメする絶対に失敗しないベビーベッドの選び方

ベビーベッド 選び方 メイン

これから初めて赤ちゃんを迎えるにあたって、ベビーベッドの準備を考えている方は多いかと思います。
しかしベビーベッドにはサイズや高さ、機能面など驚くほど多くの種類があり、初めての方にとってはどうやって自分にぴったりなベッドを選べばいいのか判断がとても難しいですよね。
そこで、ベビー業界歴30年の筆者が自信を持っておすすめする「絶対に失敗しないベビーベッドの選び方」をご紹介します!

2章では、長年に渡ってベビー業界に携わってきた私の経験をもとにまとめたシュチュエーション別チャート表【決定版】を掲載していますので、誰でも簡単に自分にぴったりなベビーベッドを選ぶことができます。

ベビーベッドは赤ちゃんが一番長く過ごす場所ですから、全てのママ、パパに失敗のないベビーベッドの選び方を知ってほしいと強く願っています。ぜひベッド選びの参考にしてください!

1. ベビーベッドの正しい選び方

ベビーベッドには様々な種類があり、帰省先などベビーベッドを使う状況や設置スペース、ライフスタイルによって、ご自身にぴったり合うものを選ぶことがとても重要です。この章ではベビーベッドを選ぶうえで最も大切な4つのポイントをご紹介します。

1-1. サイズを選ぶ

ベビーベッド選びで一番重要なのがサイズを選ぶことです。ベビーベッドには大きく分けて3種類のサイズが存在します。それぞれの特徴とその選び方をご説明します。

ベビーベッドのサイズの種類

内寸外寸使用月齢
標準サイズ
120×70cm125~127×74~82cm誕生~18ヵ月もしくは24ヵ月
ミニサイズ
90×60cm95~96×66~72cm誕生~12ヵ月
ハーフサイズ
70×60cm75~68cm誕生~3か月
※外寸サイズ、使用月齢は各商品により異なるため各商品をご確認ください。

1-1-1. 標準サイズ(おすすめ!)

内寸が120×70cmで一般的なベビーベッドのサイズです。市販のベビー布団はこのサイズのものがほとんどです。また、中のスペースが広いので赤ちゃんのお世話がしやすいことも大きな特徴です。おむつ替えやお着替えなど毎日のお世話をベビーベッドでする機会が多いので、広いスペースでストレスなくお世話ができることは重要ですね。設置スペースに問題がなければ標準サイズをおすすめします。

1-1-2. ミニサイズ

内寸が90×60cmのコンパクトなベビーベッドです。狭いスペースにも置きやすいサイズで、小回りも利くので間取りによってはお部屋間の移動もできます。その分、中のスペースも狭くなるため、実際には快適に使える期間の目安としておよそ生後半年頃までになります。設置スペースによってミニサイズを選択しましょう。

1-1-3. ハーフサイズ

標準サイズの半分の大きさです。お里帰りでのご使用やリビングでのご使用、おむつ交換用に人気のサイズです。短期間の限定的な利用の際に選びましょう。

1-2. 高さを選ぶ

次に考えるのがベビーベッドの背の高さです。ハイタイプとロータイプ、それぞれの特徴を見てみましょう。

ハイタイプとロータイプのベビーベッド

1-2-1. ハイタイプ(おすすめ!)

産後のママが気になる体の不調として最も多いのが「腰痛」です。赤ちゃんを抱っこしたり、腰を深く屈めてお着替えやおむつ替えをしたり、子育て中は何かと腰に負担がかかります。
ハイタイプのベビーベッドであれば立ったままの楽な姿勢でお世話ができますし、抱き上げる時も腰に負担がかかりにくくなります。また、小さいお兄ちゃんお姉ちゃんのイタズラ防止や、ペットによる不慮の事故を防ぐというメリットもあります。添い寝を考えないならハイタイプがおすすめです。

1-2-2. ロータイプ

ロータイプのベビーベッドは大人用ベッドの隣に設置して添い寝ベッドとして使用できることが特徴です。添い寝ベッドであれば、寝ている時すぐに授乳ができますし、おむつ替えもすぐに気付くことができます。
また、ママとパパが和室などで布団で就寝している場合にも目線の近いロータイプがおすすめです。

1-3. 設置場所から選ぶ

1-3-1. 寝室で使うなら添い寝タイプがおすすめ

添い寝タイプのベビーベッド

ママとパパがベッドで就寝している場合は、添い寝タイプがおすすめです。
添い寝タイプのメリットは何と言っても赤ちゃんのお世話が楽なことです。新生児の赤ちゃんは一度眠りについてもすぐに起きてしまったり不規則なことが多いので、隣から赤ちゃんのお世話がすぐにできる添い寝タイプはとても助かります。
また、赤ちゃんに異変があってもすぐに気付くことができますし、ママが近くにいることで安心して眠りについてくれるというメリットもあります。
ただし、片側の扉が開いた状態になっているので、寝返りをはじめたら赤ちゃんが落下しないように十分注意が必要です。

1-3-2. リビングで使うならハイタイプがおすすめ

ハイタイプのベビーベッド

ご自宅でベビーベッドをご利用の場合、リビングに設置するケースも多いかと思います。特に授乳やオムツ替えを頻繁におこなう新生児時期は、寝室よりもリビングにベビーベッドがあったほうが何かと便利な場合もあります。

また、ママが着替えやオムツ替えをする時に、上体をかがめてお世話をすると、腰に負担がかかります。産後腰痛にお悩みのママも多いと思いますので、少しでも緩和するためには立ったままお世話ができるハイタイプの使用をおすすめします。

更に兄弟やペットが居る場合もハイタイプがおすすめです。手が届きにくいのでいたずら防止になります。
サイズは標準サイズがおすすめですが、場所が限られている場合は、ミニサイズでもOKです。

ハイタイプのデメリットもお伝えしておきます。新生児期は赤ちゃんが殆ど動きませんが寝返りをうつようになると動きも活発になってきます。成長に応じて床板(赤ちゃんが寝る板)の高さを下げて頂く必要があります。床板を下げることでハイタイプのメリットである立ったままの世話ができなくなってしまいます。また、赤ちゃんが寝ている高さが高いので、パパやママがソファーなどに座っている時に様子が確認しづらいケースがあります。いずれの場合もメリットのほうが大きいと思いますので、そこまで気にする必要はありませんが、参考程度にしてください。

1-3-3. 里帰り時の短期利用であればハーフサイズがおすすめ

里帰り出産を予定している方や、出産後に里帰りを予定している場合は、使用期間が限られる事が多いと思います。一般的には一ヶ月検診が終了した頃にご自宅へ戻られるケースが多いと思いますが、ママの体調やお子様の状況などで3ヶ月ぐらいまでご実家で過ごされるケースもあります。長くても3ヶ月でご自宅へ戻られる場合が多いと思いますので、里帰りにはミニサイズのベッドがおすすめです。

また、1~2ヶ月程度であればハーフサイズのベッドがおすすめです。標準サイズの半分の広さのベッドで、1~2ヶ月程度の使用でしたら十分な大きさです。スペースも取りませんので、リビングでも寝室でも置く場所を問いません。当社のお客様も里帰りの利用でしたら圧倒的にハーフサイズのベッドが人気です。

1-4. 安全性能から選ぶ

ベビーベッドの安全基準 SGマークとPSCマーク国内で販売されているベビーベッドには経済産業省の安全認定マークである『PSCマーク』が必ず取得されております。

ベビーベッドは特別に『消費生活用製品安全法に基づき、消費生活用製品のうちで、構造及び材質、使用状況等からみて一般消費者の生命又は身体に対して特に危害を及ぼすおそれが多い製品』の中で更に『特定製品のうち安全性の確保が不十分な事業者がいると認められる製品』との位置づけで特別特定製品と指定されております。

分かりやすく説明しますと
厳しい試験に合格した物を使わないと、赤ちゃんの生命に危険が及びますよ!
製造販売している業者の中には、安全性の確保が不十分な事業者が居ますよ!
という商品となります。

この様なことから分かる通り、ベビーベッド選びには信頼できるメーカーと販売店選びが重要になります。

DIY好きのパパがベビーベッドを自作しました!等の記事をたまに見かけますが、ベッドの強度や柵の間隔などかなり厳しい試験をクリアしないとベビーベッドとしての販売が認められないことを考えますと、自粛していただいたほうが賢明かと思います。

また『我が家は衣装ケースで代用しました!』なんでつぶやきもありますが、ベビーベッドは安く簡単に済ませてラッキーなアイテムとは性質が違います。この様な選び方は絶対に避けましょう!

2. チャート式で簡単!シチュエーション別ベビーベッドの選び方【決定版】

この章では長年に渡ってベビー業界に携わってきた私の経験をもとにまとめたシチュエーション別チャート表【決定版】をご紹介します!ベビーベッドを使う場所や設置スペース、どんな状況かによって誰でも簡単に自分にぴったりなベビーベッドを選ぶことができます。ぜひベッド選びの参考にして頂きたいです。

2-1. ベビーベッドの選び方チャート表

ベビーベッドの選び方 チャート表

Aタイプ

Aタイプ)生後すぐ~3ヵ月頃まで
・里帰り期間中、ワンフロアーなら寝室や脱衣所、リビングの移動が便利。
ハーフ&ハーフ シアーミスト

ハーフ&ハーフ ベビーベッド

 

 

・添い寝でも、単独でも使用できるコンパクトベッド。
ベッドサイドベッド Soine(ソイネ)

ベッドサイドベッド Soine(ソイネ)

 

 

・少しスペースに余裕があればこちら。
[ミニサイズ]らくらくダブルドア

らくらくダブルドア ミニサイズ

 

▲チャート表に戻る

Bタイプ

Bタイプ)生後すぐ~18ヵ月頃まで
・ハイタイプの標準サイズ。更にダブルドアでお世話が簡単!
[標準サイズ]らくらくダブルドア

[標準サイズ]らくらくダブルドア

 

 

・ペットや上に兄弟がいる場合はネットタイプがおすすめ。
[標準サイズ]クワトロネット

[標準サイズ]クワトロネット

 

 

・予算に余裕があれば、豪華でおしゃれ。
ストッケ スリーピーベッドセット

stokke sleepi

 

▲チャート表に戻る

Cタイプ

Cタイプ)生後すぐ~12ヵ月頃まで
・コンパクトなハイタイプ。
[ミニサイズ]らくらくダブルドア

らくらくダブルドア ミニサイズ

 

 

・更にコンパクトなハイタイプ。
[ミニサイズ]スモールツーオープン

 

 

・未使用時はたためてコンパクト。
[ミニサイズ]アップリカ ココネル

アップリカ ココネル

 

 

・ペットや上に兄弟がいる場合はネットタイプがおすすめ。
[小型]クワトロネット

[小型]クワトロネット

 

▲チャート表に戻る

Dタイプ

Dタイプ)生後すぐ~24ヵ月頃まで
ハイタイプの標準サイズ。更にダブルドアでお世話が簡単!
[標準サイズ]らくらくダブルドア

[標準サイズ]らくらくダブルドア

 

 

・ペットや上に兄弟がいる場合はネットタイプがおすすめ
[標準サイズ]クワトロネット

[標準サイズ]クワトロネット

 

 

▲チャート表に戻る

Eタイプ

Eタイプ)生後すぐ~24ヵ月頃まで
微妙な高さ調節で、添い寝に最適。ダブルドアでお世話ラクラク。
[ミニサイズ]ビーサイドミニ

ビーサイドミニ

 

 

・添い寝でも、単独でも使用できるコンパクトベッド。
ベッドサイドベッドSoine(ソイネ)

ベッドサイドベッド Soine(ソイネ)

 

 

▲チャート表に戻る

Fタイプ

Fタイプ)生後すぐ~24ヵ月頃まで
両親が畳に布団で寝ている方に最適なタイプ。
[標準サイズ]フロアベッド

フロアベッド

 

 

▲チャート表に戻る

3. まとめ

ベビーベッドの選び方について、色々と説明させていただきました。住環境やそれぞれのご家庭の事情で様々なパターンが有り、一概にこれがベストな選び方!とは説明しにくい性質の育児用品です。代表的な選び方をご紹介しましたが、この記事をパパが見ていただいている場合は、ママと赤ちゃんが快適に過ごせる環境を最優先に選んでいただければ幸いです。

ベビー用品のレンタルは
ナイスベビーにおまかせ!

取り扱いレンタル商品400種類、在庫数3万点以上!
ベビーベッドを中心にベビーカーやチャイルドシート、ハイローチェアなど最新モデルを含め、数多くの商品の中から自分にぴったり合うベビー用品をレンタルすることができます。

ナイスベビーならはじめてのレンタルでも安心

赤ちゃんが使うものだし、レンタル品は衛生面が心配。

高温スチームやオゾン発生機、電解水を用いた独自の
メンテナンス技術で衛生的で安心してご利用いただけます。

高温スチームやオゾン発生機、電解水を用いた独自の
メンテナンス技術で衛生的で安心してご利用いただけます

借りたものを壊しちゃったらどうしよう。

ナイスベビーの安心サポートで利用中に壊してしまっても弁償はありません。無料で交換いたします。

はじめての出産で何を用意すればいいのか分からない。

分からないこと、不安なことがあればいつでもお気軽にお電話ください。オペレーターが適切なアドバイスをします。

  • 月~土:AM9:00~PM6:00(土PM5:00)
    日・祝・第3土曜日 休み

ベビーベッドの組み立てがちゃんとできるか心配。

ナイスベビー便配送によるベビーベッドの組み立て、設置、詳しい使用説明をしますのでご安心ください。

※ナイスベビー便配送エリアが限定されています。また組み立てには駐車スペースの確保をお願いしております。

ナイスベビー便配送によるベビーベッドの組み立て、設置、詳しい使用説明をします

カタログ無料請求受付中!

・つるの剛士さんの子育てインタビュー

ベストファーザー賞にも輝いた先輩パパ!
つるのさんが語る「育児」とは?
ナイスベビー3つのオリジナルプランなどお
得な情報が盛りだくさん!